FC2ブログ

築地市場最後の日

「日本の台所」が本日を持って歴史に幕を閉じます。

引用

築地市場、83年の歴史に幕 きょう営業終了 マグロ最高値は大間産、438万円

 世界最大級の魚市場を有する「日本の台所」として親しまれた築地市場(東京都中央区)が6日、営業最終日を迎え83年の歴史に幕を下ろす。都の中央卸売市場は11日に営業を開始する豊洲市場(江東区)に引き継がれる。

 この日も早朝から通常通りせりが行われ、威勢の良い声が飛び交った。築地の象徴となってきたマグロの最高値は438万5千円(青森・大間産、162・4キロ)だった。

 老朽化に伴う築地市場の再整備・移転は昭和40年代から約半世紀にわたる都政の懸案。都は平成13年に豊洲への市場移転を決定、舛添要一前知事時代の27年には当初の開場日を28年11月7日に決めたが、同年8月に就任した小池百合子知事が移転延期を表明した。

 その後、豊洲市場の建物地下に土壌汚染対策として行われるはずだった盛り土がされていない問題が発覚したほか、地下水から環境基準を超える有害物質が検出されたことから、小池氏を中心に築地再整備も含めた検討に着手。昨年6月に小池氏が豊洲移転・築地再開発を表明した。

 築地市場跡地は今月から解体作業に入り、2020年東京五輪・パラリンピック時には関係車両の輸送拠点になる。また、有識者の意見を踏まえた跡地再整備などのまちづくり方針を今年度中にまとめ、東京大会後に着手する。築地市場とともに観光名所になってきた至近の商店街「築地場外市場」は名称を変えずそのまま残る。

 最終更新:10/6(土) 8:08 「産経新聞」より
長年日本の台所として食を支えてきた東京・築地市場、その築地市場が本日6日を持って営業というか役割を終えるけど、各地から集められた新鮮な野菜や魚などの卸売だったり場外市場の食堂や商店街もまた魅力的だったことを考えれば、東京、いやさ日本の象徴の一つとして異論はないでしょう。

老朽化もあり長年親しまれた築地市場を閉鎖し新たに豊洲に移転することを決めた都、当初は一昨年11月だったのを小池百合子都知事が豊洲の土壌を調べたところ、土壌汚染対策として盛り土がなされてないこともそうだし、地下水から基準値を超える有害物質が見つかったことからこれでは食を扱う環境に相応しくないとして延期したことから、移転先延ばしってことになったけど、豊洲を利用してコレまでの政権のやり方を批判するアピールだと言う指摘もあったと思う。

今月11日に豊洲に移転することとなる都の中央卸売市場だが、一連の問題は解決したかどうかすら不明なのに、その問題に金も時間も費やした責任はあるんだろうかね・・・。

最終日となったこの日も普段どおりせりが行われ、目玉はやはりマグロ、青森県大間で水揚げされたキロ162.4ものマグロが438万5000円で落札されたけど、この風景がもう築地という場で見られないかと思うと感慨深くもなりますね。
最後の日に話題となったのはマグロ、いかに築地がマグロのせりって印象が強いことも頷けます。すしざんまいの社長がかなりの額で落札したのも記憶に新しい。今までありがとう、築地市場。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード