FC2ブログ

法廷に立った「はれのひ」元社長

新成人たちの一生の思い出をぶち壊したあの人物の裁判があったみたいです。

引用

「はれのひ」元社長初公判起訴内容認める 横浜地裁

 成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)=破産=が粉飾した決算書類などを示し、銀行から融資金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた同社の元社長、篠崎洋一郎被告(56)の初公判が5日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれ、篠崎被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 篠崎被告はえんじ色の長袖Tシャツに灰色っぽいズボン姿で出廷。裁判長からの問いかけにもはっきりした声で答えていた。

 同社をめぐっては、成人の日当日の1月8日朝、同社で晴れ着を購入・レンタルしていた新成人らが、着付けのために待機していた会場に着付け業者が現れなかったことで晴れ着を着られなくなった新成人が続出。大騒動を巻き起こした。

 同日から姿をくらましていた篠崎被告は同月26日、急遽(きゅうきょ)記者会見し「だますつもりはなかった」と釈明。会見後には家族と米国に数カ月間滞在していた。

 同社の経営実態を調べるなど本格捜査に乗り出していた神奈川県警捜査2課は6月23日、金融機関に粉飾した決算書類を提示して融資金をだまし取ったとして、詐欺容疑で篠崎被告を逮捕。同様の手口で別の金融機関からも融資金をだまし取ったとして、同容疑で7月18日に再逮捕した。

 起訴状などによると、篠崎被告は銀行に対して売上高を水増し計上した決算書類を提出するなどして、平成28年9月30日、返済する意思も能力もないのに、新規出店に伴う融資金名目で約3500万円をだまし取ったなどとしている。

 最終更新:10/5(金) 10:38「産経新聞」より
横浜地裁で5日に行われた振り袖販売及びレンタル業「はれのひ」の元社長の初公判、銀行から融資を騙し取った詐欺罪で起訴されてのことだが、ここで晴れ着を買ったまたはレンタルした新成人とその親をだまくらかした責任はあるんだろうかと思う。

銀行を騙して融資を不当に得たことは許されないが、それ以上に新成人とその親の気持ちを踏みにじった行為はそれ以上に許されないのは一目瞭然、にも関わらずあの騒動後行方をくらまして挙げ句に海外旅行してたってのは余計腹立たしいったらありゃしないし、人の金を騙し取って自分は贅沢の限り、まるでどこぞの独裁者と同レベルだよ。

あの騒動における謝罪会見の後行方をくらましたのはなぜか? その真相も聞きたいところだが、こいつは会社経営者というより悪質な詐欺師以外の何物でもないです。
法廷において起訴内容を認めたはいいが、被害者に対する謝罪の意はあるのかどうかも裁判長は聞くべきだったと思う。謝罪の意を見せただけで片付くレベルじゃないけども。

「騙すつもりはなかった」って詐欺をしておいてどの口が言うか、全く。刑事責任も重いが民事責任はもっと重いだろうね。

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード