FC2ブログ

フランスの元首相がバルセロナ市長選に出馬?

EU(ヨーロッパ連合)に加盟すれば国境はボーダレスだから、他国の政治に干渉しやすいんでしょうが、これはどうか。

引用

仏の元首相、スペインの市長目指し地方選出馬へ

【バルセロナ=作田総輝】マニュエル・バルス元仏首相(56)は25日、スペイン東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナで集会を開き、バルセロナ市長を目指し、来年5月のスペイン地方選に出馬する意向を表明した。

 バルス氏は集会で、「独立問題を抱えるバルセロナには新たなかじ取り役が必要で、私が次期市長になりたい」と述べた。

 バルス氏はカタルーニャ州の独立に反対しており、反独立派の市民党などを巻き込んだ政党グループを結成して選挙戦に臨むとみられる。

 スペイン人を父に持つバルス氏はバルセロナ生まれで20歳の頃、仏国籍を取得した。オランド前仏大統領の下、2014~16年に首相を務めた。

 欧州連合(EU)加盟国の国民であれば、EU内の他国の地方選に立候補することは可能だが、今回のケースは極めて異例という。

2018年09月27日 07時27分 読売新聞
フランスマニュエル・バルス元首相が、スペイン東部・カタルーニャ自治州の州都・バルセロナで集会を開き、そこで「私はバルセロナ市長選挙に出馬する」と述べ、来年5月に行われるスペイン地方選挙に出るみたいだが、フランスの元首相がスペインの一都市の長を目指すって、何でしょうかね・・・。

バルス氏は父親がスペイン人(母親はスイスとイタリアのハーフ)でバルセロナで生まれたことから、バルセロナに愛着もあるけど、20歳になってフランス国籍を取得してフランソワ・オランド前政権で首相を務めたのは知っての通りだが、バルス氏はスペインとフランスの二重国籍ってこと? とはいえEUはボーダレスで枠内の移動が円滑だから外国って意識はあまりないんでしょう。
ヨーロッパの政治家がEU内の別の国で政界進出は異例も異例だが、EU市民であれば他のEU加盟国の地方選挙に出馬及び投票できるというルールもあるけど、他国の外交官を引き抜くのはEU内では当然のことですかね? ボーダレス地域だから出来ることだけど。日本だったら問題になりかねない。外国籍を持つ者を国会議員にするなどとんでもないって批判が出るのがオチ。

フランスとスペインって点ではかつてフランスの王子がスペイン国王になった歴史もあるけど、それが今の時代に出てきたような・・・!?

今のエマニュエル・マクロン大統領を支持したことで社会党から「裏切り者」と叩かれたことで、フランス政界に居場所がなくなったと痛感して、フランスの国会議員を止めてスペインの政治家に転身しようとバルス氏は思ったが、最近のカタルーニャ分離独立の気運を見て、スペインを分断させてはならないということで分離独立に待ったをかける形でスペイン政界に乗り込みたいんでしょうね。
閣僚まで務めた人物が他国の政治に参入するって、賛否あってもおかしくないが・・・。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード