FC2ブログ

また交番で警察官が襲撃される

富山県で起こった事件がまた繰り返されたようです・・・。

引用

交番で警官刺され死亡、別の警官が発砲し男死亡

 19日午前4時5分頃、仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署東仙台交番で、当直勤務中の清野裕彰巡査長(33)が、「お金を拾った」として訪れた男に刃物で刺され、約1時間後に死亡した。別室にいた男性巡査部長(47)が男に拳銃を3発発射し、男も死亡した。県警は殺人容疑で、男の身元や詳しい状況を調べている。

 発表によると、男は1人で交番を訪れた。交番では、当直の4人のうち2人が仮眠室で休憩中で、当初は、清野巡査長と巡査部長が交番の出入り口近くの執務スペースで男に応対。巡査部長は単純な拾得物事案と判断し、清野巡査長にその場を任せ、別室に移動したという。

 しかし、間もなくして争うような怒号が聞こえ、巡査部長が執務スペースに戻ると、清野巡査長が血まみれになって倒れていた。巡査部長は、そばにいた男に「刃物を捨てろ」と警告したが、男が刃物とサブマシンガン(短機関銃)タイプのモデルガンのようなものを持って向かってきたため、発砲したという。清野巡査長と男は、搬送先の病院で死亡が確認された。

 2018年09月19日 12時46分 読売新聞
仙台市宮城野区のとある交番で19日午前4時頃、当直中だった33歳の巡査長が「お金を拾った」と訪ねた男から突然刃物で刺されて死亡するという痛ましい事件が起こったけど、他の部屋にいた47歳の巡査部長が男に対して拳銃を発砲、男は死亡するという顛末となったが、またしても交番の警察官が襲われる事件が起こったことには物騒としか言いようがないです。

事件当時交番には当直だった4人中2人は仮眠しており、この巡査長と巡査部長が交番出入り口近くにある執務スペースで業務に取り掛かっており、訪れた男に応対してたけど、この巡査部長はただの落とし物と判断して巡査長に任せて別室に移ったけど、この巡査長一人になったことで男が襲いかかってきたと思うが、突発的もいいところです。男はおそらく落とし物を届けるのを装って警察官を襲撃しようと画策したんじゃ・・・!?

騒ぎを聞いた巡査部長が駆けつけて「刃物を捨てろ!」と警告した時に男がナイフとモデルガンを持って襲いかかったことから、巡査部長が発砲したっていうけど、明らかに危害を加える言動だけに発砲はやむなしだと思う。

それにしても、またも交番が襲撃されるという痛ましい事件、今年6月に富山市で交番勤務の警察官が襲撃された事件が記憶に新しいだけに「またか」と思うけど、交番の安全対策を問う声も出そうです・・・。いくら市民に門戸を開く特性があるからって、そのデメリットが出たような・・・!?
それと安全対策って点じゃ、施錠を義務化してもいいのでは?「御用の方はインターホンを押して下さい」って注意事項をつけることも当然です。

theme : あまりに酷い事件
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード