FC2ブログ

改めて任期中に「憲法改正したい!」

今回の自民党総裁選の焦点の一つは、やっぱり憲法改正論議

引用

安倍首相、任期中の改憲に意欲=石破氏は拙速けん制―自民総裁選

 自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相(党総裁、63)と石破茂元幹事長(61)による所見発表演説と共同記者会見が10日、党本部で行われ、20日の投開票に向けた論戦が始まった。

 焦点の憲法改正について、首相は「あと3年でチャレンジしたい」と述べ、新たな任期中の9条改正に意欲を表明。これに対し、石破氏は「丁寧に説明していかないといけない」と拙速な動きをけん制、首相との対立軸を明確にした。

 首相は自衛隊根拠規定の明記を訴えた上で、「自民党総裁として一定の目標を掲げないといけない」として秋の臨時国会への党改憲案提出を目指す考えを強調した。党是である改憲を旗印とすることで連続3選後の求心力を保つ狙いとみられ、「国民投票に付すことで急速に議論が深まり、理解が進んでいくこともある」と述べた。

 石破氏は「自衛隊を違憲だと思う人は今や1割だ」と断言し、急ぐ必要はないとの認識を示した。首相がかつて戦力不保持の2項削除論に立っていたことを指摘し、「なぜ変わったのか」と疑問を呈した。より優先すべき課題として参院選挙区の合区解消や緊急事態条項の創設を挙げた。

 政治主導の在り方についても両氏の意見は割れた。石破氏は森友・加計学園問題に触れ、「官邸の信頼回復」を主張。「政治の過度の介入で官僚が萎縮する体制では官僚が国民のために働くことにならない」と力説した。

 首相は「批判は真摯(しんし)に受け止める」としながらも、「政治がリーダーシップを発揮すること自体は間違いではない」と反論した。

 このほか、首相は3年間で社会保障制度改革を断行する考えを表明。財源となる来年10月の消費税率引き上げは予定通り実施する方針を示した。ロシアとの北方領土問題や北朝鮮による拉致問題などを挙げ、「戦後日本外交の総決算を行う」との決意も明らかにした。

 石破氏は、経済再生の核に地方創生を据える考えを説明。「地方、中小企業、農林水産業の伸びしろを最大限伸ばす」とし、その司令塔となる会議の新設を唱えた。「防災省」創設も訴えた。

 最終更新:9/11(火) 7:10 「時事ドットコム」より
10日に行われた自民党総裁選の所信表明演説、安倍晋三総理石破茂が憲法改正について「あと3年でチャレンジしたい」と任期中に9条改正など会見に前向きなのに対し、石破氏は「丁寧に説明していかないといけない」と慎重な姿勢を取ったけど、ここで両者憲法改正について認識が割れていると言えますが、会見に前向きな安倍総理と慎重な石破氏のこと、前者は現実主義者で後者は理想主義者なんでしょうか?

自衛隊の根拠規定明記を訴え「国民投票に付すことで急速に議論が深まり、理解が進んでいくこともある」と、臨時国会にて党改憲案提出に前向きな上に、それで国民投票につなげたい安倍総理だが、時期早々だと慎重な石破氏、北海道胆振東部地震を受け「防災省」を作るべきだと訴えた上に地方創生こそ日本の為になると言ってますが、今は改憲よりそっちがいいってこと?

憲法改正の理由として、日本を取り巻く環境が厳しい中でそんなお花畑的な考えでは自国の利益と主権など守れない、北朝鮮や中国、ロシアなどの脅威を見ずに憲法9条を守れなんて今の時代に通用すると思うな。話せばわかるなんて通用する相手じゃないことは一目瞭然。
憲法を改正して、いつまでもアメリカの核の傘に依存しない安保体制を作ることは最重要課題の一つだと安倍総理は言うけど、まずは世論に憲法改正の重要性を訴えることが大事ではないかと思います。

theme : 憲法改正論議
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード