FC2ブログ

9月終盤から強行日程確実

かつてのパ・リーグみたいな状況になっちゃいました・・・。
これも雨天中止が頻発したからでしょう・・・。

引用

阪神、降雨ノーゲーム…9月終盤から最悪20連戦も 糸井が中断中志願「全部いく」

(セ・リーグ、阪神-巨人=四回表終了降雨ノーゲーム、9日、甲子園)阪神は0-2で迎えた四回裏の攻撃前に雨が強くなり、約1時間半におよぶ中断ののち降雨ノーゲームとなった。これにより9月下旬から20連戦となる可能性が浮上し、金本知憲監督(50)は思案顔。そんな将に右足骨折を押して出場している糸井嘉男外野手(37)は「全部出る」と志願。クライマックスシリーズ(CS)進出へ、乗り切るしかない!

 細かく、冷たい雨が降り注ぐ。真鍋球審と阪神園芸・金沢甲子園施設部長が何度も話し合う。砂を補充しても、水が浮いてくる。田んぼのようになったグラウンドでは、さすがに無理だった。

 「1時間半も待ったんかな? こりゃ、しようがないわな」

 前売り段階でチケットは完売。金本監督はズブぬれになったファンの気持ちをおもんぱかりながら、無念さを募らせた。

 0-2の四回の攻撃前にノーゲームが決定。1時間28分の中断時間は2013年8月31日の広島戦(1時間27分)を超えて甲子園最長となった。8月31日のDeNA戦(甲子園)でも1-4の三回途中にノーゲームとなり、またもラッキー!? 「そんなことは思わんけどね、2点差やし」と将は首を振るが、気になるのが今後の日程だ。

 この日の振替日は現時点で未定。関係者によると今週の開催を見ながら後日、発表される見通しだが、23、24日の巨人戦の予備日の25日に入る可能性もあるという。26日のDeNA戦(甲子園)からの13連戦が決定しているため、そうなれば球団史上最長の20連戦。指揮官は「休ませどころというのが…。疲れ方って(人によって)違うからな、塁に出る、出ないによっても」と複雑な顔をみせる一方で「逆にその後、グッとのっていける可能性もあるしな」と懸命に前を向いていた。

 頼もしいひと言があった。「全部いく」。声の主は右腓骨を骨折しながらも強行出場を続けている糸井だった。ノーゲームが宣告される直前、雨を見つめながらベンチで志願してきた。6日の広島戦(マツダ)でも走塁で右ふくらはぎに張りを覚えて、途中交代。満身創痍の男からの宣言に将は「『ホンマか~!?』っていったけど」と笑ったが、うれしかった。

 糸井は試合後「来週、また頑張るしかない」と歯を食いしばった。3位巨人とは2ゲーム差のままで、12球団で最多となる残り27試合。過酷な連戦でも、乗り越える。金本監督と糸井が、雨中の約束をかわした。

 2018.9.10 05:03 「サンケイスポーツ」より
9日の巨人戦は4回裏に入ったところで雨が強くなって降雨ノーゲームとなり、この試合の振替日は決まっておらず、23日からの巨人2連戦の後予備日の25日に組み込まれる可能性が出て、26日からはDeNA戦を皮切りに13連戦ということで、球団史上最長の20連戦となることが確実視されており、阪神はここに来てかなりの強行日程を余儀なくされそうです・・・。

そんな中で右足を骨折しているにも関わらず「残り全部出る」と強行志願した糸井嘉男、ただ金本知憲監督は「休ませどころというのが…。疲れ方って(人によって)違うからな、塁に出る、出ないによっても」とケガしてるにも関わらず強行出場を志願した糸井の姿勢になんとも言えない表情をしたけど「逆にその後、グッとのっていける可能性もあるしな」とカンフル剤になれる可能性を示唆したけど、ここに来てケガ持ちのベテランが強行出場を志願、チームの為に骨を折るという自己犠牲を強調してるように見えますが、これがチームにいい雰囲気をもたらしてくれるんでしょうか・・・!?

今シーズン18回目の中止及びノーゲーム、今年はハッキリ言って雨に祟られている部分もあるが、ここに来て強行日程、糸井に限らず福留孝介の起用法も改めて考えねばいけない状況である以上、投打関係なく若手が奮起しなければダメなんじゃないのかな!! それと来季を見据えて2軍で成績を残している者をこういう状況だからこそ積極的に起用するなど中長期的なチーム作りも必要だと思います。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード