FC2ブログ

237日ぶりの白星

進退をかけた場所となることは必至だが・・・!?

引用

進退懸ける稀勢の里、9場所ぶりの白星発進に「集中してやりました」

 和製横綱が鬼門を突破した。今年初場所以来、4場所ぶり出場となった横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)は東前頭筆頭の勢(31=伊勢ノ海部屋)を寄り切り、237日ぶりの白星を挙げた。出場場所の初日は4連敗中だったが、進退を懸ける場所で、新横綱優勝を飾った昨年春場所以来、9場所ぶりの白星発進。大関獲りの関脇・御嶽海(25=出羽海部屋)も幸先よく白星を挙げた。

 ようやく悪い流れを断ち切った。初場所2日目以来の今年2勝目を挙げた稀勢の里は、大歓声の中、目を閉じて息を整えた。支度部屋では多くの質問が浴びせられたが、取組に関しては「集中してやりました」と答えただけ。口数の少なさは、いつも通りだった。

 相撲内容も“いつも通り”に戻った。勢とは昨年名古屋場所5日目以来の対戦。前回は小手投げに屈し、左足首を負傷して休場に追い込まれていた。同じ過ちは繰り返さない。しっかり当たって左下手を引くと、圧力をかけて出た。相手が引くと体を預けるように出て寄り切り。通算15勝1敗の相手を危なげなく退けた。

 8場所連続休場を経ての土俵。進退を懸けて臨む横綱に迷いはなかった。八角理事長(元横綱・北勝海)は「開き直っていったんだと思う。とにかく当たるんだという気持ちが強かったのではないか」と分析。7場所連続全休を経験している貴乃花親方(元横綱)は「緊張しながらも、いい相撲だった。“やってやるぞ”というのが見えた」とにじみ出る闘争心を感じ取っていた。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)は「(稀勢の里が)集中したいと言っている」という理由で、この日から朝稽古を非公開とした。周囲の後押しに応えるように快勝したが、まだ15分の1を終えただけだ。「今日は今日で、明日は明日。やることをしっかりやって、自分の力を出すだけ。それだけ」。一つの白星に心を乱すことなく、稀勢の里は引退と隣り合わせの復活ロードを進んでいく。

 [ 2018年9月10日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
8場所連続休場で世間から厳しい風当たりに遭っている横綱・稀勢の里、今年の初場所以来の出場となった秋場所、初日に勢と対戦したけど、寄り切りで237日ぶりに白星を挙げ、またこれまで初日4連敗と分が悪かった中で久々に初日白星をつかむという「おまけ付き」でしたが、進退をかけて挑む今場所、とにかくやらねばと言う気持ちが出たんでしょう。

「開き直っていったんだと思う。とにかく当たるんだという気持ちが強かったのではないか」と八角理事長はこうコメントしますが、ここまで追い込まれた状況なだけに開き直ったと指摘してるけど、本人は支度部屋で「集中してやりました」と淡々としてるみたいです。

この日から朝稽古の様子を非公開としたっていうけど、千秋楽まで集中してやりたいという意見を田子の浦親方が尊重してなるべくマスコミを遠ざけたと思います。
とは言え、一つ勝っただけだから、これからが勝負。崖っぷちに立たされていることに変わりはありません。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード