FC2ブログ

指導者教育こそ必要

体操女子の宮川紗江が速見佑斗コーチから体罰を受けた問題もそうだが、日大アメフト部の悪質タックル問題に端を発した指導者によるパワハラ、日大についてはチアリーディング部で起こった監督による部員に対するパワハラ行為など、スポーツ界において暴力やハラスメント行為が横行しているこの頃、日本のスポーツ界の品格が疑われると私はつくづく思うが、ハッキリ言ってその通りだと思うんだよ。
未だ日本のスポーツ界では精神論や根性論といった考えが根強くあることもそうだし、勝利至上主義から来る勝つことだけに重みを置く価値観を良しとする傾向が強いけど、特に前述の精神論や根性論に基づく考えを良しとするのって、平成の時代においては「いつの時代の考えだよ!?」って言いたくもなります。

戦前戦中の軍隊において精神論を重視し、戦後スポーツ界にその考えを持ち込んだせいで猛練習を施すことで体に叩き込むという倫理が良しとされて、その考えを指導者が教えるもんだからそれを受けた側がそれを引き継いでって現代に至ってるけど、平成のこの時代に軍隊的かつスポ根的な考えがまかり通っているのって異常としか言い様がない。教える方も今の時代にそんな考えは合わないって認識がないのだろうか? そんな考えを教えるもんだからまた同じやり方がまかり通るんじゃないのと言いたくなる。教わった方も教える側になる際にその考えを反面教師にしないのは無神経と言わざるを得ない。

今の時代に精神論と根性論に特化した昭和臭丸出しのスポーツ倫理観がまかり通っているからスポーツがダメになるし、それを管轄する組織も腐敗するんじゃないでしょうか? 自分の時代ではこうだったとか言ってその考えを美化して、それを選手に一方的に押しつけるだけの指導者はダメな指導者もいいところ。鈴木啓示が監督で大失敗したように。

こういう指導者や価値観を正す為に必要なのは、やっぱり指導者教育だと思うんだよ。
スポーツの技術は教えるけど、人間教育は全くやらないという傾向も強いが、これではスポーツバカしか生まれない。社会人としてやっていけるかも分からない。だから清原和博が引退後に落ちぶれて覚醒剤で逮捕されたように、清原に限らず引退後に事件を起こして逮捕された元プロ野球選手もいっぱいいることを考えたら無理もない。
指導者はただそのスポーツの技術だけ教えてはダメ、人間教育もしなければいけないと言う理屈だが「組織はリーダーの力量以上に伸びない」を持論とする野村克也氏、監督やコーチという選手を指導する側がスポーツだけでなく、あらゆる面で手本にならなければ選手の教育など出来ないし、教わる側もそれを繰り返すのがオチだ。精神論と根性論に特化した価値観は今の時代にそぐわないという意識をスポーツ界のみならず社会全体で持つことも重要、それと暴力やハラスメントは一発アウトになるくらいの許されないもの。って意識もだ。体罰は愛のムチじゃない、虐待でありパワハラ以外の何物でもないのだ。桑田真澄氏が「体罰では選手が萎縮するだけ」「指導者が怠けている証拠」が言ってるように、そんな指導者は最もダメな指導者だってことだ。落合博満氏は「大きな組織の中の小さいところから地道にやっていくしかない」と監督時代にチーム内において暴力は絶対ダメという意識を根付かせたように、現場から地道に暴力やハラスメント根絶の重要性を説くことも大事です。

即ち、スポーツを教えればそれでいいじゃダメ、社会常識や教養を身につけさせることも指導者の務めだということだが、野村氏が監督教育の重要性を訴えるのも無理はないです。とは言え指導者が一般教養や社会常識を身に着けてなければ話にならないが・・・。選手のみならず指導者を教育することが日本のスポーツ界の発展につながるし、東京オリンピックやパラリンピックを控えている今、指導者及び組織の倫理観を磨くことは重要ではないでしょうか? 精神論と根性論に特化した価値観は時代遅れ・暴力やハラスメントは一発アウトという意識を指導者はもとより、組織にも持たせねばいけません。スポーツ庁の鈴木大地長官、東京オリンピック及びパラリンピックを控えてるんだから、指導者教育も必要なんじゃないの!?

theme : 社会教育
genre : 学校・教育

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード