FC2ブログ

元ブラジル代表のエース・ロナウドがオーナー!?

引退後表立った動きを見せていなかったけど、いきなりでかいニュースを提供しました!!

引用

元ブラジル代表ロナウド、スペイン1部バリャドリーのオーナーに

 元ブラジル代表FWのロナウド氏(41)が、リーガ・エスパニョーラに所属するバリャドリーのオーナーに就任したようだ。同クラブが3日に発表した。

 スペイン『マルカ』によると、バリャドリーの株式51%を取得。その買収額は3000万ユーロ(約38億7000万円)になるという。これにより筆頭株主となり、同クラブのオーナーとなったようだ。なお、前会長のカルロス・スアレス氏は引き続きクラブに留まり、経営に携わっていくという。

 2000年に元日本代表FWの城彰二氏が在籍していたバリャドリーは、スペイン北部カスティーリャ・イ・レオン州のバリャドリードに本拠地を置くクラブ。昨季2部リーグ5位から昇格プレーオフを勝ち抜き、5季ぶりに1部復帰したが、今季はここまで2分1敗(0得点1失点)となっている。

 ロナウド氏は現役時代、バルセロナやレアル・マドリー、インテル、ミランなどでプレー。バロンドールを2度受賞した。また、ブラジル代表としては98試合で62ゴールを記録。W杯に4度出場し、2002年日韓大会では得点王に輝くなどブラジルの優勝に大きく貢献した。

 最終更新:9/4(火) 9:18 「ゲキサカ」より
バルセロナやレアル・マドリーでエースとして活躍し、ブラジル代表では4回ワールドカップに出場して中でも2002年大会でブラジルの優勝や得点王にも輝いたレジェンド・ロナウド、引退後は代理人や解決者を務めているけど(古巣レアルのアドバイザー兼グローバル大使も務めている)、そのロナウドが何と、今季リーガ・エスパニョーラ1部に昇格したバリャドリードのオーナーになるって言いますから、今度はオーナー業に進出、世界最高峰のストライカーの一人がクラブのオーナーってスゴイ話題です。

スペインの新聞によれば、ロナウドはバリャドリードの株式を51パーセント取得したことで筆頭株主となってオーナーに就任したと言うけど、その額何と日本円で約38億7000万円、現役時代稼いだお金をおそらくクラブを買収してオーナーになろうと貯めてたのではと勘ぐりたくなります。

バリャドリードのオーナーとして新たなサッカー人生を歩き出したロナウド、かつて城彰二がいたことで日本のファンにも知られているバリャドリードだが、ただ近年エレベータークラブに甘んじているだけに、ロナウドが同クラブをどう作り直すのかも見ものです。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード