FC2ブログ

ひらがなけやきから漢字欅のエースに

今現在勢いがある欅坂46、今やAKBをはじめとする48グループを追い抜いたと言っていいが、その欅坂のエースと言えば平手友梨奈だけど、その平手より人気成長株として活躍しているのが長濱ねる、当初はワケあってひらがなけやき(けやきざか46)と漢字欅(欅坂46)と兼任していたが今では漢字欅に専念し、人気や知名度を上げています。
そんなわけで今から20年前の今日1998年9月4日は、その長濱ねるが生まれた日です。

1998年9月4日、長崎県長崎市で生を受けた長濱ねる、3歳の頃から五島列島に移住して7歳まで過ごしました。ちなみに名前の「ねる」の由来は「考えを練る」という意味から説と、母親が名前に「る」を入れたくてつけた説がある。
その後長崎市に戻り、中学時代は1ヶ月間アメリカにホームステイしたり、高校時代には全国高校クイズ選手権に出場して県予選決勝まで進むという頭脳派な面も見せました。
2015年、高校2年の時欅坂46のオーディションを受け、第3次審査まで進むも家族が芸能界入りに猛反対、最終審査直前で長崎に戻されるという蹉跌を味わったのだった。最終審査を前に強制送還されたことで相当悔しかったのか、それを見た父親がその後運営スタッフに直談判して、スタッフが後日長濱本人と両親を乃木坂全国ツアーコンサートに招待、ここで乃木坂メンバーの父親のコメント映像を見た両親は考えを改め、芸能界入りを容認して特例で欅坂46のメンバーに合格したのでした。自分の子供が芸能界入りするって思うと親としては悩みながらも送り出すケースは少なくないけど。

ただ最終審査を受けていない為、当初はアンダーグループであるけやきざか46のメンバーとして活動することとなった。
翌2016年8月に発売された2枚目のシングル「世界には愛しかない」で選抜メンバーに選ばれ、これに伴い欅坂46のメンバーを兼務することが決まり、そこから長濱の躍進が始まったのでした。その翌2017年に兼任から外れて欅坂の正規メンバーとなり、同年ソロ写真集をリリースすると、9.8万部を売り上げたのだから、長濱ねるの名は一気に広まったのでした。ちなみにこの写真集は地元・長崎の五島列島で撮影したことから「故郷に錦を飾る」と言っていいかも知れないです。この活躍は地元の新聞でも取り上げられるくらいだった。

2018年には地元の観光大使となり、長崎市のPR活動にも力を入れてますが、同年には「踊る!さんま御殿」「くりぃむクイズ・ミラクル9」にソロで出演するなど、グループ以外での活動も目立ってます。
クイズ番組に出演するようになったのは、欅坂の冠番組「欅って書けない」において2016年4月11日放送の「インテリ王は誰」で初代インテリ王に輝くなど、前述の頭脳派キャラがついたことも挙げられる。同番組において「バンドを始めたい」「集合体が苦手」と言ったりもした。

当初欅坂の正規メンバーとなるつもりが親の反対で頓挫、その後父親が長濱を不憫に思いスタッフに直談判して乃木坂のコンサートを見に行ったことで親が態度を改めたことがターニングポイントとなったが、そこからアンダーグループ入りし頭角を現して漢字欅の正規メンバーに昇進したことは紆余曲折のサクセスストーリーと言いますか、それだけで波乱万丈といえば大袈裟だが・・・。おそらく今後ブレイクが期待できるアイドルの一人であることには変わりないです。

theme : 欅坂46
genre : アイドル・芸能

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード