FC2ブログ

池江璃花子がMVP

ジャカルタ・アジア大会が終わりました!! 今大会最も日本選手団で話題をさらったのはやはり・・・。

引用

競泳6冠の池江、日本女子初MVP!賞金550万円の使い道は焼き肉とすし/アジア大会

 ジャカルタ・アジア大会最終日(2日、インドネシア・ジャカルタほか)ジャカルタのブンカルノ競技場で閉会式が行われ、16日間にわたった熱戦に幕を下ろした。競泳女子で6冠を達成し、金メダル数でアジア女子と日本選手の1大会最多記録を更新した池江璃花子(りかこ、18)=ルネサンス=が、最優秀選手(MVP)に選ばれた。女子の受賞は初めてで、日本選手では前回大会の萩野公介(24)=ブリヂストン=に続いて4人目。女子高生スイマーが、2020年東京五輪に向けて手応えを得た。

 “アジア大会の顔”が閉会式で大役を務めた。今大会期間中、最初で最後となる雨が降るなか、池江が笑顔で大きく日の丸を振って行進した。この日の昼にはMVPの授賞式に出席。英語で「I’m So Happy」と喜びを表現した。

 「(MVPは)無くなったと思っていたのでビックリ。狙っていた賞をいただけて光栄」

 初出場の大会で6冠。アジア女子と日本選手の1大会最多記録を塗り替えた。アジア・オリンピック評議会(OCA)は当初、MVPを制定しない方針を示していたが、急きょ設定された。

 池江にとってもサプライズ受賞だった。先月25日に競技を終えて帰国。同29日に友達と東京ディズニーランドへ電車で向かっていたとき、三木二郎コーチ(35)から無料通信アプリ「LINE」のメッセージが届いた。「おめでとう」の言葉とともに、MVP受賞が有力と報じる記事が送られてきた。

 「電車の中で、ニヤニヤが止まらなかった。ソワソワしていました」

 帰国して約1週間でジャカルタへ戻り、この日の表彰式直前に受賞を正式通達された。賞金5万ドル(約550万円)の使い道を問われた18歳は「とりあえず貯金し、あとはおいしいご飯を食べにいきたい!! 焼き肉、すし」と笑った。

 「(東京五輪まで)長いようで短い2年間だと思う。母国で最高のパフォーマンスができるように努力していきたい」

 今後は今月の福井国体に出場し、今シーズンを締めくくる。アジアの水の女王は来年の世界選手権(韓国)、東京五輪での金メダルを見据えた。

 2018.9.3 05:02 「サンケイスポーツ」より
6つの金メダルを獲得するなど(日本全体では75個)、個人が一大会で記録した金メダル数で最多記録を打ち立てた競泳女子・池江璃花子、2日に行われた閉会式で何と今大会のMVPに選ばれたといいますから、初出場のアジア大会で6つの金メダルを獲得、この偉業にOCA(アジア・オリンピック評議会)が急遽MVPを設定するということになったみたいです。
普通オリンピックのような複数の競技を行う大会ではMVP制度はないのに、これは初めてのことではないでしょうか・・・!?

先月25日に全部の競技を終えて帰国してプライベートを満喫していたところ突然「MVP受賞が確実」というメッセージが届いて、急遽再びジャカルタ入りしたのだが、まさか自分が大会通じてのMVPになるとはとは思ってなかったんじゃ・・・!?

大会前に「個人全てでメダルを獲ってMVPも獲りたい」と公言していた池江、結果としてその言葉通りに実現したことはいやはやスゴい・・・。脱帽と言わざるを得ないです。

賞金5万ドル(約550万円)の使いみちはどうすると聞かれたけどは「とりあえず貯金し、あとはおいしいご飯を食べにいきたい!! 焼き肉、すし」って、堅実でありどこか贅沢をしたいと言う気持ちが出ちゃったんでしょう。

今大会の活躍で2年後の東京オリンピックに期待が膨らむけど、過去にアジア大会において競泳でメダルを獲った者はオリンピックで金メダルを獲るというジンクスもあるのだから、なお更期待できます。

theme : アジア大会
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード