FC2ブログ

レアル、新たなエース候補獲りは暗礁に?

ユベントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めることが最重要課題なんだけど・・・!!

引用

レアル、ロペテギの求めるスペイン代表FW獲得は難航…契約解除金153億円がネックに

バレンシアは、改めてスペイン代表FWロドリゴの獲得を狙うレアル・マドリーに対して警告している。『BeINスポーツ』が報じた。

レアル・マドリーのジュレン・ロペテギ監督はU-21スペイン代表時代の教え子であるロドリゴの獲得を熱望。また、ロドリゴ自身もレアル・マドリーの下部組織に在籍した経験を持つだけに、報道は過熱の一途をたどっている。しかし、バレンシアのディレクターを務めるマテウ・アレマニー氏は「マドリーとコンタクトはない」と話し、このように続けている。

「彼らが契約解除金である1億2000万ユーロ(約153億円)のオファーを出してきたら、我々にできることはない。ただ、ロドリゴはここでモチベーションにあふれ、幸せそうだけどね。我々にとってとても重要な選手で、残って欲しい」

なお、ロドリゴ本人はリーガ・エスパニョーラ第1節アトレティコ・マドリー戦後のインタビューで、残留の意思が変わっていないことを明言。マドリーにとって今夏のストライカー探しはまだまだ続きそうだ。

最終更新:8/22(水) 12:03 「Goal.com」より
ロナウドに代わるエース候補獲りを目指すレアル・マドリー、そのターゲットとして今シーズンから指揮を執るフレン・ロペテギ監督がU-21代表時代に指導したロドリゴに定めたけど、そのロドリゴが所属するバレンシアの首脳陣がレアルに対して「契約違約金である1億2000万ユーロ(約153億円)のオファーを出したら考えていい」と言ったけど、バレンシアの首脳陣は「ロドリゴは渡さん」と言わんばかりな姿勢みたいです。100億以上もつけるって、獲れるもんなら獲ってみろ的なものです。

当のロドリゴ本人も、バレンシア残留を公言しており、レアルにとって耳の痛いっていうか一筋縄ではないものだけど、そこまでしてレアルはロドリゴ獲りにこだわるのは何でしょうかね? ロペテギ監督がユース時代に指導したからって理由だけじゃ単純だし、ロドリゴにしてみてもそんな根も葉もない噂話が広がっていい気はしないでしょう。
「バレンシアに残りたい」って本人が言ってるんだから、諦めていいと思う。

いくらロペテギ監督が望む逸材だからって、本人が移籍に前向きでなければ意味もないし、何もロドリゴにこだわらなくても他にもエース候補はいるでしょうが。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード