FC2ブログ

今回の総裁選、カギを握るは党員票?

来月に総裁選挙を控える自民党、焦点となるのは・・・!?

引用

自民党総裁選 重み増す党員票 前回対決は石破茂氏圧勝 投票権拡大は首相有利?

 自民党総裁選で焦点となるのは、党員・党友票の行方だ。これまで300票に固定されていたが、今回は国会議員票と同数の405票が配分され、投票権も18歳以上に拡大するなど、重みを増す改革がなされた。国会議員票の約7割強を固めている安倍晋三首相(総裁)は党員票でも圧勝を目指し、連続3選後の政権基盤を盤石にしたい意向だ。一方、石破茂元幹事長は党員票で首相を上回り、将来の「ポスト安倍」の芽を残したい考えだ。

 改正された総裁公選規程は無投票だった前回の平成27年総裁選から適用され、6年ぶりの選挙戦となる今回から本格的に適用される。党員の参加意識を高める狙いがあり、さまざまな改革がなされた。

 従来は党員票を都道府県連ごとに集計し、各地の党員数に応じて事前に割り振った票数を比例配分していたが、全国一括集計に改める。地域ごとの偏りが出にくく、「死に票」がなくなるメリットがある。

 ただ、集計は今まで通り都道府県連ごとに行うため各地の候補の得票数を把握できる。首相陣営は「どの議員が集票活動を一生懸命にやったか推測できる」(細田派幹部)と語る。

 投票権は2年間党費を払った20歳以上に与えられるが、党は投票資格を「18歳以上」に引き下げる決定をした21日の総裁選挙管理委員会で、特例で「29年の党費を納めた党員」とすることも確認した。

 5人で争った24年総裁選は、300の党員票のうち石破氏が165票(得票は23万3376人)、首相が87票(同14万668人)を獲得した。この得票率を今回の形式に当てはめ、両氏の一騎打ちとの前提で試算すると、石破氏253票、首相152票となる。

 首相周辺は「現職首相である今回は前回と違い、強い集票力がある」と話す。「党員票で負けたら総裁選後の求心力にかげりが出かねない」との危機感もあり、首相は7月から党員票対策として地方議員との会食などを積極的に増やしてきた。

 党員数は野党だった24年に73万人台だったが、29年は106万8560人まで回復した。首相は世論調査で若者層の支持が多く、政府高官は「若い人は首相に投票してくれる。景気がよく、党の支持団体の陳情も丁寧に受けており、組織的な集票も期待できる」と自信満々だ。

 対する石破氏の陣営は、首相の長期政権批判の受け皿を狙う。石破派幹部は「議員票で劣勢の分、判官びいきもあるだろう」と語る。党幹部は、石破氏が将来の「ポスト安倍」に望みをつなぐ条件として「党員票と議員票の合計で3割、計250票を取れるかどうかだ」と話している。

 最終更新:8/22(水) 0:04 「産経新聞」より
安倍晋三総理石破茂の一騎打ちとなる今回の自民党総裁選、国会議員の比率で言うと安倍総理支持が大半で石破氏は苦戦を強いられそうな予想ですが、今回から従来の選挙同様18歳から投票が出来ることもそうだし、党員及び党友票が従来の300票固定ではなく国会議員同様の405票に拡大したことから、党員票がカギを握る可能性が大きくなったみたいです。
党員票では石破氏有利だが、国会議員票を多く固めている安倍総理は党員票を集めて3選を目指すという構図かも知れないです。

安倍総理支持が多い状況で、石破氏は苦戦かも知れないけど、安倍総理の政権運営に批判的な立場で、反安倍派の「受け皿」となれるかがカギです。
「議員票で劣勢の分、判官びいきもあるだろう」と石破氏寄りの幹部は語るけど、ポスト安倍を目指す石破氏、自民党内での立場が揺らいでいることは間違いないかも・・・!? 大体判官びいきなんて表現は「捕らぬ狸の皮算用」的な考えもいいところだ。

長期政権とそれに伴うマンネリ感から安倍総理も厳しい状況にあるけど、石破氏も石破氏で支持を伸ばしてるようでそうでもない現状だけに、どうなりますか。

党員票がどう動くかで左右される今回の総裁選、アフリカの選挙のような❝出来レース❞的なものにならなければいいけど。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード