FC2ブログ

また警察署から容疑者が脱走

改めて警察の不手際による事件発生は、市民の安全を脅かしかねないものです。

引用

富田林署の脱走事件 面会室につながる前室に署員不在…アクリル板は枠から外れていた

 大阪府警富田林署で12日午後、署内の留置場で勾留されていた男が脱走した事件で、男が弁護士と接見した面会室につながる前室には、当時署員がだれもいなかったことが13日、同署への取材で分かった。面会室のアクリル板は、片側が枠から外れていたことも判明。板の隙間をすり抜けて前室から署内に出て、裏口から逃げ出した可能性が高い。

 脱走したのは、強制性交未遂などの容疑で逮捕された住所不定、無職、樋田淳也容疑者容疑者(30)=別の強制性交罪などで起訴済み。府警が加重逃走容疑で行方を追っている。

 同署によると、面会室につながる前室には午後5時45分まで署員が常駐しているが、同時間帯以降は一般人の接見はなく、弁護士しか来ないため、署員は前室に詰めなくていいことになっている。

 樋田容疑者と弁護士との接見はこの日午後7時半から始まっており、前室に署員はいなかった。弁護士には面会が終われば知らせてほしいと頼んでいたが、そのまま帰ってしまっていたという。

 面会室のアクリル板は通常、金属製のサッシの枠内に収まっているが、片側が外れた状態になっていた。板を押せば数十センチの隙間ができることから、樋田容疑者がその隙間から面会者側のスペースに抜け出し、前室を通って脱走したとみられる。

 最終更新:8/13(月) 8:34 「産経新聞」より
大阪府富田林市の警察署で、強制性交未遂罪で逮捕・勾留されていた容疑者が脱走するというあり得ない事件が起こったけど、容疑者は面会室で弁護士と接見中に逃げ出した可能性が高いが、署内の面会室につながる前室に発生当時署員がおらず、面会室に設置したアクリル板の片側が外れていたことも判明したことで、板の隙間をすり抜けて前室から署内に出て逃げた可能性が強いってことだが、これは警察のミスが引き起こしたのではと思う。

面会室につながる前室には署員が常駐しなければいけないが、午後5時45分まででそれ以降は弁護士しか面会出来ず、署員がいなくてもいいということだけど、いくらこの時間以降弁護士しか面会が認められないからって警察官が常駐しないのはどうか?

また面会室のアクリル板は普通金属製サッシ枠内に収まってるものの、片側が外れた状態だったことでそれを押せば数十センチの隙間ができることで、午後5時45分以降弁護士しか面会を認めない上に前室に警察官がないことで、男はそれを知って脱走したんじゃと思います。

大阪府警が加重逃走容疑で男の行方を追ってるが、一般市民が犯罪に巻き込まれる危険を考えたら即急な逮捕が急がれます。まして富田林署、身柄を勾留した容疑者を逃したんじゃ信用に関わる大ごとです。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード