FC2ブログ

ささやかな反抗

もう山根明会長の下では出来ない!! って意思が働いたのでは・・・!?

引用

日本連盟理事3分の1が山根会長に造反、大量辞職へ

 不正判定疑惑などに揺れる日本ボクシング連盟の理事が、大量辞職する見込みとなった。山根明会長(78)を巡る数々の問題が噴出する中で、岐阜市内で開催中の全国高校総体を担当する理事の中に、辞職の意志を固める動きが広がっている。

 教育者として、選手がこれ以上犠牲になることを避けるため、決断に至ったようだ。今後は体制刷新のために動く声も出始めた。

 山根会長の言動だけが表舞台にあふれる中、組織の決定機関に属する理事たちが動き始めた。先月31日に開会した高校総体。判定、お金、会長個人の理不尽行動など日本連盟に関わる種々様々な疑惑が氾濫し、組織としての統治の欠如が露呈する異常事態にようやく心が固まったようだ。

 ある理事が言う。「この会場に来ている理事は、教育者が多い。選手が目の前で頑張っている姿を見て、責任の重さを感じた」。選手に罪はない。ただ、試合では判定が取りざたされ、競技自体への悪いイメージが広がっている。学生にその悪影響が及んでいる状況を一刻も早く改善しなくてはいけないと決意した。

 今日7日の大会閉幕後にも、辞職届を提出する見込みで、30人の理事のうち10人前後と見られる。現在も他理事への訴えかけは続いており、独裁とも称される山根体制で、大きな意思表示であることは確かだ。

 連盟はこの日、JOC(日本オリンピック委員会)などから求められた第三者委員会の設置を決めた。ただし、同会長は一連の疑惑にも、助成金問題を認めた以外は全否定し、退任の考えがないと公言している。「外圧」に頼らず、内部から変化の兆しが見えれば、東京五輪の参加危機まで懸念される状況の改善につながるだろう。

 辞職意志を固めたある理事は「辞職後も次の理事が決まるまでは職務機能は残る」とし、辞めて終わりではないとした。同会長に辞任意志がない場合、除名できる道筋はある。議決権のある理事と各都道府県代表者で全77票のうち、5分の1以上の議決があれば、会長に対して総会の招集を請求できる。その臨時総会に過半数が参加し、3分の2の票が集まれば除名となる。同理事は「除名までいかず、何とか自分たちで決着をつけたい」とした。

 告発状を作成した「日本ボクシングを再興する会」は8日に会見を予定し、新たな証拠などを提示する見込み。その前についに内部から、行動が起き始める。

 [2018年8月7日4時47分 「nikkansports.com」]より
今や世間を大きく騒がせている日本ボクシング連盟の山根明会長、数々の疑惑というか問題行為の発覚もあってか、ワイドショーの格好のネタという意味で日大にとって替わってるみたいだけど、現在岐阜県で行われているインターハイにおいて、ボクシング競技を担当する理事の中に理事職を辞める人が殺到しているようです。

山根会長の理不尽な言動やパワハラ、不正ジャッジ(奈良判定)疑惑など、組織としてガバナンスが著しく落ちている日本ボクシング連盟、これではアマチュアボクシングがダメになり競技人口低下を招く上に、最悪オリンピック競技から除外される危険があると言う懸念から、今インターハイが行われている最中のこと、生徒への影響を考えて教育的にも見て辞職を仄めかす理事が出てきたのも無理はないです。奈良判定は正直あの「中東の笛」と同じだよ。

山根会長のワンマン過ぎる言動と一連の疑惑について告発状を出した「日本ボクシングを再興する会」と協同で今回辞めた理事たちは動くのだろうか? 日大と違ってすぐに行動に移しているのを考えると日大の後手過ぎる姿勢を反面教師にしてるのだろうか?
山根会長を降ろす目的で反旗を翻した一部の理事たち、ただ辞めたところで理事会は機能するのだろうか?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード