FC2ブログ

日大、やっぱり「出場停止」

内田正人前監督及び井上奨前コーチを”排除”して新たなチームとして再出発する予定が・・・。

引用

日大、リーグ戦はNO!関東学連は出場資格停止処分解除せず/アメフット

 日大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、関東学生連盟は31日、東京都内で臨時理事会を開き、公式試合の出場資格を停止している日大の処分を解除しないと決めた。日大は秋のリーグ戦に出られないことが確定した。関東学連は、日大の田中英寿理事長(71)が問題を反省し「改革をトップダウンで進めていく」などのメッセージを発していれば、今回の結論が変わっていた可能性を示唆した。

 日大の改善報告書を精査した検証委員会は理事会への答申を、こう締めくくっていた。

 「(改善の)策定も実施もいまだ不確定・不十分」「十分な改善がなされたとは認められない」

 試合出場資格停止処分の早期解除を協議したが、改革の実効性などを疑問視し、見送ることを決めた。投票に参加した理事20人のうち17人が賛同した。柿沢優二理事長(63)は「解決の任を部だけに押しつけた日大のガバナンスに少なからぬ憤りを感じている」と目を潤ませた。

 5月の関学大との定期戦で起きた問題で、関東学連は同月末、内田正人前監督(62)や井上奨(つとむ)前コーチ(30)から悪質な反則の指示があったと認定。両氏を除名処分とし、日大には来年3月末までの試合出場資格停止処分を科した。

 リーグ戦出場を認めるための期限は7月末。日大側は短時間でチーム改善報告書をまとめて提出した。内田氏が常務理事や人事部長などを兼務したことが独裁体制を築く要因だったとし、理事がスポーツ部の部長や監督を兼務できない規定を設けるなどの改革案を示した。

 ただ、検証の過程で現場と当局の温度差の大きさが伝わっていた。「日大は理事長のトップダウンで動く。理事長が改善策を実現させると言明していれば違っていた」と寺田昌弘委員(50)。問題発生後、公式な場に姿を見せず、今後も会見を開いて説明する様子が見られない田中理事長の姿勢に疑問を呈した。

 日大は秋のリーグ戦に出られないことが確定。大学に配布される入場券収入などの補償を求められる可能性がある。1部リーグ上位の「TOP8(トップエイト)」から2019年度シーズンは下位の「BIG8(ビッグエイト)」に降格する。“ひとごと”のような対応に終始する理事長の姿勢のツケが、学生たちに回った。

 2018.8.1 05:03 「サンケイスポーツ」より
日大アメフト部の悪質タックル問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は31日に臨時の理事会を行い、既に公式試合出場停止処分を受けている日大アメフト部の処遇について、処分を解除しない方針を決めたけど、こうなった理由として日大側が全然改善してなかったことにあるけど、アメフト部ではなく日大の田中英寿理事長以下理事会が日和見的な態度でこの問題に全く向き合わなかったからこうなったと思います。

とっくに内田前監督及び井上前コーチは除名され、そこから改善へと動いたのに理事会のせいでアメフト部は秋のリーグ戦に出られないということになったけど、関東学生アメリカンフットボール連盟にしてみたら日大はドル箱だったのにそれが出場停止になったことで他の大学にしても大損でしかないし、相当な賠償を突きつけることは必至だ。

田中理事長の他人事な態度のせいで学生たちをここまで苦しめたことを考えたら、田中理事長の罪は相当なものだよ。大体日大は組織としての体などあったもんじゃないし、一理事が特定の部に関与できるような環境を作った責任だって大きい。日大ブランドはすこぶる失墜したな。田中理事長以下理事会を一からブッ壊さねば日大はハッキリ言って変わらない。村田諒太じゃないけど田中理事長以下日大の理事会は正直言って「悪しき古き人間たち」です。

theme : アメリカン フットボール
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード