FC2ブログ

「生産性がない」発言に身内も怒る

またも世間からのバッシングの道具を提供した自民党、これには身内が重く考えるのが普通なことなんだけどねェ・・・。

引用

杉田議員「LGBT生産性ない」、自民内も批判

 自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国、当選2回)が性的少数者(LGBT)について「生産性がない」と月刊誌に寄稿し、党内から批判の声が上がっている。

 寄稿は月刊誌「新潮45」の8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して掲載され、杉田氏は「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」と主張した。

 これに対し、石破茂・元幹事長は27日の講演で、「許してはならない。人権を傷つけるような自民党であってほしくない」と批判。保守派の稲田朋美・元防衛相も自身のツイッターで「多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と杉田氏の主張に異論を唱えた。

 2018年07月31日 07時12分 読売新聞
LGBT(性的少数者)に対して「生産性がない」と月刊誌に投稿した自民党の杉田水脈衆議院議員、この発言に対し世間からバッシングを受けた杉田議員、これについて「許してはならない。人権を傷つけるような自民党であってほしくない」と名指しで批判したのが石破茂氏、杉田議員の発言は人権侵害というか名誉毀損に当たるもので許し難いと思ったんでしょう。

また稲田朋美元防衛相はツイッターで「多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と杉田議員の主張に異を唱えたけど、「人それぞれ考えがあっていいんじゃない」と杉田議員を擁護した二階俊博氏とは異なる見解を示したみたいです。

子供を3人作れとか、がん患者を名指していい加減にしろと言って世間を怒らせた自民党、今度の杉田議員の発言もまた世間を怒らせかねないが、正直一強の驕りがここまで来てると思うし、自分の言動の責任を持てないのが多過ぎて情けなくもなります。何気なく言ったつもりでも世間に発信されるという意識が低過ぎるとしか思えません。今の自民党の若手議員には。そんな若手議員のお騒がせに自民党の幹部が苦言を呈すのも当然だが、あなたたちがきちんと教育しなかったからこうなったんじゃないのとも言いたくなります。

杉田議員の発言は明らかに人権侵害レベル、海外から「日本の政治家は人権意識が低い」なんて指摘されたらどうするの!?

theme : 政治家
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード