FC2ブログ

このイタズラは「やり過ぎ」じゃ済まないレベル

小学館の児童漫画雑誌「コロコロコミック」の今月号に連載されている漫画「やりすぎ!! いたずらくん」にて、モンゴルの歴史的偉人とされるチンギス・ハーンの肖像に男性器の落書きをするシーンが、在日モンゴル人やモンゴル大使館から大ブーイングを浴びてるけど、それに加えて元横綱・朝青龍がツイッターで今回の問題に触れて相当な怒りを露わにしたっていうから、ハッキリ言ってこの漫画は国際問題になっておかしくないことをしでかしたと思う。

そりゃモンゴル人にとって国の英雄であるチンギス・ハーンをここまで侮辱されたら怒るだろうし、この「やりすぎ!! いたずらくん」も明らかにやり過ぎじゃ済まない大それたこういをしでかしたとしか言い様がないが、いくら「表現の自由」たって他国の歴史的な偉人をバカにしていいわけがない!! もしマハトマ・ガンジーだったらインド人が、ナポレオン・ボナパルトだったらフランス人が相当怒るのがオチだが、日本の歴史上人物だったり皇室関係者が馬鹿にされたような表現を見たらどう思うかってのを日本人は考えねばいけない。

こんなバカげた表現が許される背景として、他国の歴史を全く知らなさ過ぎる「無知」を曝け出したとしか思えないが、歴史を知らないからこういうことになるってこと。

やり過ぎですまない大それた表現で批判された「やりすぎ!! いたずらくん」正直打ち切りになってもおかしくないし、下手すりゃコロコロの回収沙汰になってもおかしくないです。
やり過ぎレベルの問題表現でここまで批判されたケースと言えば「燃える!お兄さん」における用務員差別問題が真っ先に挙がるけど、片や職業差別、片や他国の偉人をバカにしたような描写、いずれにせよ許されることではない(「燃える!お兄さん」の場合は「ジャンプ」の回収にまで発展した)。それと児童向け漫画において平然と男性器を載せる表現は明らかに子供に対する配慮がなさ過ぎると思う。もう一つ「やりすぎ!! いたずらくん」の作者だが、これがモンゴルだったら不敬罪で逮捕されるんじゃねェかな・・・?

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード