FC2ブログ

希望の党・玉木代表、民進党入りを模索?

分党問題で揺れているあの党で、動きがあったみたいです。

引用

希望の党分党問題 玉木代表と再編急進派の大串氏がきょう会談 民進党合流目指し連携確認見通し

 希望の党の玉木雄一郎代表が、執行部に対して「分党」を求めている大串博志衆院議員らと23日に会談することが分かった。大串氏は急進的な野党再編を唱えて執行部とは距離を置いてきたが、玉木氏が民進党との合流を目指す方針に軌道修正したことを踏まえ、今後は執行部に同調する考えを伝える見通しだ。

 会談には、大串氏とともに民進党系勢力の再結集を主張してきた田嶋要、下条みつ両衆院議員ら約1010人が同席する。大串氏に近い複数の議員が明らかにした。

 大串氏は、執行部との分党協議入りが決まった松沢成文参院議員団代表ら保守系のグループとは別に、民進党などとの合流を急ぐ立場から分党を求めていた。ただ、玉木氏が、松沢氏らとの分党協議成立と同時期に民進党と合流する方針にかじを切ったため、大串氏は執行部と足並みをそろえる意向を固めたもようだ。

 玉木氏は、民進党の大塚耕平代表と接触し、合流の時期や方法に関し調整を続けている。大串氏は23日の会談で交渉の経過について説明を求める。

 一方、民進党籍を持つ衆院議員は、衆院選前に一部の民進党出身者の「排除」を訴えた細野豪志元環境相らへの忌避感から、希望の党との合流に難色を示す声が根強い。大串氏は衆院民進党を束ねる岡田克也常任顧問に近く、合流した新党に加わる希望の党の議員の顔ぶれによっては再び分党を主張して執行部と距離を置く可能性もある。

 最終更新:2/23(金) 8:08 「産経新聞」より
昨年の衆院選以降すっかり存在感が低下した希望の党、その希望の党では一部が党から離脱するんじゃないかと言う噂で、党内分裂の様相が出てますが、そんな中玉木雄一郎代表が執行部に対して分党に前向きな大串博志衆議院議員と会談することを明らかにしたけど、民進党と合流したい玉木氏は大串氏と連携を取ることで何をしたいんでしょうか?

野党再編を警戒して執行部と距離を置いた大串氏、玉木氏が動いたことから「チャンスは今」と言わんばかりに動いたといえますが、民進党系勢力と取り入れたい玉木氏のこと、民進党に合流するにはそれしかないってことか?
分裂を繰り返して結局バラバラ、今までの野党にありがちなケースだよね。

ただ玉木氏の動きに民進党席を持つ議員からは、去年の衆院選で小池百合子都知事の「排除」発言とそれに乗っかった細野豪志氏へのアレルギーが強く、希望の党との合流に難色を示す声もあり、仮に合流しても上手くいくとは思えないです。
分党してどっかと合流、結局選挙目的だろと冷めた意見を投げつけたくなるが、ホント選挙しか考えない単純思考もいい加減にしてほしいです。希望の党っていつから自分だけの党に成り下がったんだろうか、ホントに・・・。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード