やっぱりメッシが決めた!!

崖っぷちのアルゼンチン、それを救ったのは・・・!!

引用

メッシ、ハットトリックでアルゼンチン3位通過 南米王者チリが予選敗退/W杯南米予選

 2018年W杯南米予選は、現地時間10日(以下現地時間)に各地で最終節が行なわれた。予選敗退の危機に直面していた6位アルゼンチンは8位エクアドルを3対1で下し、本大会への出場権を手にした。

 アルゼンチンは5日にホームで行なわれたペルー戦をスコアレスドローで終え、大陸間プレーオフ圏外の6位に転落していた。しかし、すでに本大会出場を決めているブラジル以下、2位ウルグアイから7位パラグアイまで勝ち点差が4と、最終節を前に7位までのどのチームにも予選突破の可能性が残されていた。

 エクアドル戦で勝利すれば5位以上が確定するアルゼンチンは、開始1分に先制点を献上。しかし、11分にディマリアとの連携からメッシがゴールを決めて同点とすると、18分にもメッシがゴールを奪い逆転に成功する。さらにメッシは62分にも相手DFに詰め寄られながらもGKの頭上を抜く鮮やかなゴールを決め、ハットトリック達成。メッシの3ゴールでアルゼンチンが勝利をモノにした。

 首位ブラジルと3位チリの一戦は、55分にブラジルがパウリーニョのゴールで先制すると、2分後にはジェズスが追加点を挙げる。そして試合終了間際にジェズスが再びネットを揺らし、3対0でブラジルが完勝した。

 アルゼンチン同様、生き残りをかけて臨む4位コロンビアは敵地で5位ペルーと対戦。56分にハメス・ロドリゲスのゴールで先制するも、74分にペルーのゲレーロが直接FKを決め、両者譲らず1対1で終わった。

 2位ウルグアイは、ホームで9位ボリビアを4対2で下している。最終節勝利で予選突破の可能性を残していた7位パラグアイは、ホームで最下位ベネズエラに0対1で黒星を喫し、予選敗退となった。

 この結果、首位ブラジル、2位ウルグアイ、3位アルゼンチン、4位コロンビアまでが本大会出場を決めた。勝ち点26で並ぶペルーとチリは、得失点差で上回るペルーが5位となり、ニュージーランドとの大陸間プレーオフへと回る。南米王者のチリは6位となり予選敗退の結果となった。

 最終更新:10/11(水) 14:35 「ISM」より
予選敗退圏内の6位に沈み、最後の望みをかけて挑んだエクアドル戦、エクアドルの首都・キトに乗り込んでこの試合にかけたアルゼンチン、キトでは全然勝てない上にエース、リオネル・メッシの不振もあり不安材料を抱えての一番でしたが・・・!?

開始直後にいきなりエクアドルに先制点を決められ、雲行きが怪しくなったけど、前半11分にアンヘル・ディ・マリアとメッシの連携から生まれた同点弾、これがアルゼンチンの逆襲の始まりでもありました。
その7分後、またメッシがゴールを奪い2-1で逆転、代表でサポート運がなくなかなかゴールを量産出来なかったが、前半だけで2ゴールを挙げたメッシ、代表でこれまでいいところがなかったことで国民からあまり評判が良くなかったことを払拭したのではなかろうか。

後半17分にもゴールを奪い、ハットトリックを奪い試合は3-1で勝利、順位を一気に上げて終わってみれば3位、土壇場でというか逆転でロシア大会出場を決めたアルゼンチン、終わってみればメッシのワンマンショーだったような気がします。この試合に招集されていたパウロ・ディバラやマウロ・イカルディも「やはりメッシだ」と脱帽してるんでしょうか? セルヒオ・アグエロやゴンサロ・イグアインがいない中でのこと。

アルゼンチンを予選敗退の危機から救ったメッシ、これほど劇的な結末になったのはある意味「劇場型」もいいところでは・・・?

他にはウルグアイ、コロンビアが出場、ペルーがニュージーランドとのプレーオフに回ったが、一方でチリが敗退。こう見ると南米はヨーロッパと同じく強豪国であっても簡単に出れない環境だと思うし、いかにアジアが温いかも痛感しますね。

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード