亀田一家の「凋落」の始まり

先月終了したテレビ朝日系のバラエティ番組「しくじり先生」に出演した亀田史郎氏と興毅氏、その中で「勝ちに固執してしくじった」ことをカミングアウトしたけど、当然この話題にも触れました。
それは興毅氏の弟・大毅の世界戦での行為が世間からのバッシングを浴び、一家揃って日本中から嫌われるようになった一因にあるけど、あの試合は今見てもボクシング史上最悪の試合だったと思うし、改めて亀田兄弟は過大評価されているとつくづく思うが、相手もこれで名前が知れ渡るようになったのだから余計記憶に残ってます。

今から10年前の今日2007年10月11日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ、日本人最年少でのチャンピオンがかかる亀田大毅、これまで連戦連勝でチャンピオン間違い無しと思われたが、タイトルマッチ前の調印式で対戦する王者・内藤大助に対して「ゴキブリ」呼ばわりするなど挑発を繰り返したのだった。これは亀田兄弟の十八番でもあったが。
そして迎えた本番、内藤はガードの上から効率的にパンチを浴びせるなど大毅を圧倒、その後も大毅につけ入る隙を与えず試合を優位に進めて迎えた12ラウンド目、思いがけない展開になったのです!!

内藤に一方的に試合を支配されている上に判定に持ち込まれれば負けてしまう懸念から、内藤をダウンをすべく大毅がした行動は何と!! グローブの上から目潰しをしたり、内藤を抱えて投げようとするなど、まるでプロレスのような行為に及んだのです!! 無論ボクシングでは言語道断な行為で、レフェリーが制止しようとするもそれを無視したのだから、勝つ為ならここまでやるかと唖然としたね。相手の耳を噛んで即反則負けとなったマイク・タイソンみたいにならなかったのは、最終ラウンドだったからかも知れないが。

試合は判定へと持ち込まれ、内藤が当然勝利したのだが、一方の大毅、反則行為に走りまた試合前の挑発行為もあってか非難が集中、またこの試合で大毅のセコンドを努めた史郎氏と興毅氏が反則を支持していたことも発覚、亀田一家は揃って日本中から悪者となったのでした。
試合後内藤は「ポンサクレック(ポンサクレック・ウォンジョンカム)より弱かった」「国民の期待に応えました」とコメントしたが、亀田一家に初めて黒星をつけ、チャンピオンをなめるな!! って強気だったと思う。ただ亀田一家に対して一方的な不快感も見せました。

この試合を境に世間からバッシングを浴びることになった亀田一家、大毅はまたこの試合の4日後の10月15日にはJBC(日本ボクシングコミッション)から1年間のライセンス資格停止処分を受け、さらにその2日後には当時所属していた協栄ジムの金平桂一郎会長と史郎氏に付き添われる形で謝罪会見に臨んだわけだが、頭を丸めたのはいいものの終始うつむき加減でほとんど語らず、また史郎氏も反則行為を指示したのか聞かれても曖昧な回答に及んだのだから、かえって印象を悪くしたのでした。これを重く見て協栄ジム側は史郎氏に再度謝罪会見をするよう訴えたが、代わりに興毅氏が謝罪会見に臨んだけど、協栄ジムもこの試合で処分を受けたことから亀田一家に対する不信感を強めたのは間違いない。
しかし、これほど世間からバッシングを浴びたのに「この度は世間を騒がせて申し訳ありませんでした」もない亀田一家、試合前のビッグマウス行為も相まって余計世間から批判されてますが、勝てば官軍的な考えがもたらした言動には批判されて当然、ボクシングだってスポーツ、スポーツマンシップに則れない、て言うか則ろうとしない考えがもたらしたんじゃないですかね? 自身の問題行為を反省しない、かつての金田正一氏と同じだ(ロッテ監督だった1990年のある試合で、ボーク判定に不満を示しその判定を下した球審に暴行を加え30日間出場停止及び制裁金100万円の処分を受けたが、当の金田監督は自身の行為を正当化し審判を非難、その審判が「こんな奴がいるところで審判が出来るか!!」と激怒してシーズン中でありながら連盟に辞表を提出すると言う顛末にもなった)

その後内藤側に謝罪したことで騒動は沈静化したけど、この試合により日本中から嫌われるようになった亀田一家、勝ちにこだわって周りを見ない姿勢がもたらしたボロ以外の何物でもないと思うね。それを「しくじり先生」にて告白したけども。負けを恐れるあまりに勝つ為なら手段を選ばないではダメなのだ。
一方の内藤、この試合をきっかけに知名度が上昇し、一躍有名人になったのは言うまでもないです。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード