安藤優也、背番号と同じ年数で

今季のレギュラーシーズン最終戦は、実りある結果となりました。
もう一つ、阪神の一時代を築いたあのピッチャーの最後の勇姿もありました。

引用

阪神・安藤“憧れ”甲子園で現役に幕…虎一筋16年「私は幸せ者」

 長い旅が終わった。生命線の制球力を頼りに、狭いゾーンの四隅に投げ込む。肉体を酷使し、神経をすり減らした日々に阪神・安藤は別れを告げた。最後のマウンドはもちろん憧れの甲子園。戦友たちの手で5回宙に舞うと、人柄そのままの柔和な笑顔でファンと握手しながら球場を一周した。

 「02年の4月14日、子どものころから憧れていた甲子園で初めて投げた時の感動、興奮は今でも鮮明に覚えています。あれから16年、良い思い出、悪い思い出、悔しい思い出もありますが、今思えばあっという間の16年間。憧れの甲子園が仕事場となり、その甲子園でユニホームを脱げる私は幸せ者です」

 甲子園を愛し、愛された。野球では無名の大分雄城台高から「記念で受けた」という法大にまさかの合格。トヨタ自動車でもコツコツと実力を磨き、01年の自由獲得枠で阪神入団して聖地にたどり着いた。虎一筋、背番号と同じ16年間。「日本一、いや世界一だと思う」というファンの声援を全身に浴びながら夢の舞台を去った。

 引退登板は6―0の8回。金本監督が直々にマウンドに足を運び、肩をポンとたたかれた。いきなり石川に左越えソロを浴びたものの、続く野本の痛烈な三ゴロを同じく引退する新井が見事にさばいて役目を終えた。

 「プロに入って試合で楽しむということはなかったけど、投球練習でマウンドに上がった時から1球、1球が楽しかった。あんなに楽しいマウンドは初めてだった」

 被弾には「やっぱり打たれると悔しい」と苦笑いも、涙はなし。客席には家族、知人の他、青柳ら2軍選手も駆けつけていた。監督、選手、スタッフ、家族、友人、そしてファン…。全ての人へ感謝を口にし、スッキリした表情を浮かべた。今後は何らかの形でチームに残ることが濃厚ながら、まずは「正直、ゆっくりしたい」。日本一の思いを託し、心優しき虎戦士がそっとグラブを置いた。

 [ 2017年10月11日 05:50 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
ランディ・メッセンジャーが右足腓骨骨折から2ヶ月ぶりに復帰し、7連続三振を奪うなどブランクを感じさせない内容に加え、打線も6得点とまずまずな出来だった今季最終戦、8回表にマウンドに送ったのは今期をもって引退する安藤優也、金本知憲監督から直接ボールを渡されて気合が入ったけど、先頭打者にいきなりホームランを浴びるも、その後次の打者をサードゴロに打ち取って降板したけど、そのサードゴロをさばいたのがこれまた今期をもって引退する新井良太、今期をもって去る者同士が見せてくれたといえます。

先発もリリーフもこなすなど万能型投手として駆け抜けた16年、自身の背番号と同じ数の年数ではあったがこれも奇遇といえますし、この16年で2回も優勝に貢献したことが何より財産になっているのではないでしょうか。

「あれから16年、良い思い出、悪い思い出、悔しい思い出もありますが、今思えばあっという間の16年間。憧れの甲子園が仕事場となり、その甲子園でユニホームを脱げる私は幸せ者です」とセレモニーでこう述べた安藤、この言葉が何より物語っています。

最後はホームランを浴びるという苦い内容だったけど、甲子園で最後のピッチングが出来たことだけ嬉しかったことが苦いシーンを消したと思うね。
阪神の安藤と言えばかつては「統男」でしたが(安藤統男氏のこと)、今は「優也」のイメージが強いです。

16年間ホントにお疲れ様でした。そしてありがとうございました。安藤優也。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード