fc2ブログ

元収容所長に禁固40年を求刑

 1970年代のカンボジアにおけるポル・ポト派(クメール・ルージュ)が起こした大量虐殺を裁く裁判で、進展があったようです。

引用

元収容所長に禁固40年求刑 カンボジアのポト派法廷

【シンガポール=宮野弘之】1970年代後半のカンボジアで旧ポル・ポト政権が行ったとされる大量虐殺を裁くカンボジア特別法廷が25日開かれ、検察側はトゥールスレン政治犯収容所元所長のドッチことカン・ケ・イウ被告(67)に対し、禁固40年を求刑した。公判ではこの後、被告本人や弁護側の反論などが行われ、27日に結審し、判決は年明け1月に言い渡される見込み。

 大量虐殺に関しては被告のほか4人の旧ポル・ポト政権幹部が拘束されたが、起訴は決まっていない。元所長の虐殺への関与が認められたことで、残る4人の起訴に向けた動きが加速しそうだ。

 同被告は公判で、収容所長として拷問を行ったことなどについて責任は認め、遺族らに謝罪しているが、自ら処刑したことや、大量虐殺にかかわったことはないとしていた。一方で、同収容所が故ポル・ポト元首相をはじめとする首脳部の命令で運営され、いったん収容されると誰にも釈放の権限がなかったことなどを指摘し、旧首脳部の指示があったことを強調していた。

 収容所には女性、子供を含む約1万6千人が送られ、その後拷問などで殺害されたという。同被告は人道に対する罪や戦争犯罪、拷問、殺人罪に問われている。

 最終更新:11月25日13時34分 「産経新聞」より
 今回裁判にかけられたカン・ケ・イウ被告ですが、ポル・ポト派政権時代にトゥールスレン政治犯収容所で所長を務め、多くの国民を拷問・虐殺した罪でカンボジア特別法廷に起訴され、検察側はいわゆる「人道に対する罪」で禁固40年の求刑したようです。

 大量虐殺に関してカン・ケ・イウ被告以外に4人の旧ポル・ポト派幹部が拘束されてますが、起訴はされておらずうやむやとなっていますが、今回元所長が虐殺に関わったことを認めたことで残りの4人の起訴が進むかもしれません。それ以外にもポル・ポト派時代に虐殺に関わった人物の起訴への動きも活発化するでしょう。

 カン・ケ・イウ被告は公判で、収容所の所長として拷問は認めたものの大量虐殺への関与はなかったと主張してましたが、当時のポル・ポト派の指示で運営されたことで命令に逆らえなかったと述べ、ポル・ポト派の関与があったことを強調したようです。
 ポル・ポト派の命令には逆らえなかった。と言う点ですが、どっちみちやったことは「人道に対する罪」ですし、許されることではないんですけどね。

 今回の元収容所長に対する公判は、カンボジア国民にどう映ったのでしょうか? ポル・ポトはじめクメール・ルージュはカンボジアの歴史における最大の汚点です。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード