菅官房長官、衆院選を前にこう語り

本日公示となり、いよいよ選挙モードに突入するわけですが・・・。

引用

衆院選 「国民の意思が政治の方向決める」菅義偉官房長官が公示で談話

 菅義偉官房長官は10日の衆院選公示に当たり次の談話を発表した。

     ◇

 政府は、わが国議会制民主政治の健全な発展のため、今回の総選挙が終始公正かつ円滑に行われることを強く期待します。

 有権者は総選挙で示される国民の意思が今後の政治の方向を決めるものであることを深く認識され、選挙権を行使されるよう希望します。

 なお、公務員は全体の奉仕者として法の定めるところを順守し、特定の政党または特定の候補者を支持し、あるいはこれに反対するなどの目的を持って政治的な行為を行わないよう、厳に留意してください。

 最終更新:10/10(火) 8:01 「産経新聞」より
定例の記者会見にて衆議院選挙に触れた菅義偉官房長官ですが、その中で「今回の総選挙が終始公正かつ円滑に行われることを強く期待します」と述べたけど、終始公正、かつ円満に。って過去の総選挙はそうじゃなかったのかと言いたくなるし、公職選挙法について分かりやすく伝えてほしいです。

それと小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党や、枝野幸男氏が立ち上げた立憲民主党など新党について、どれだけ議席を取れるのかも焦点だが、見方によっては選択肢があまりない消去法でしか選べないものになる懸念もありそうです。
もう一つ、与野党関係なく国民の為の政策を全面に出してほしいところです。やれモリカケ(森友・加計)にこだわって政権与党を批判することしか能がない野党は特に。あと憲法9条に固執して憲法改正に消極的な姿勢もだ。与党は自分たちがしたいことより今やらねばいけない課題に向き合うべきです。

国民の意思が今後の政治の方向を。って前回の総選挙ではそれが反映されたとは思えないし(投票率52パーセントじゃねェ・・・?)、正当な理由もなく投票に行かない有権者がいることは問題じゃないのかと言いたくなる(当日投票に行けないのなら期日前投票をすればいいだけ)。

中立かつ客観的な目で政治を見極め、票を入れることが有権者に求められることです。与野党関係なく、投票率を上げる為の対策も考えたほうがいいと思うよ。

theme : 衆議院解散・総選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード