NRA「連射装置を規制します」に賛成

事あるごとに銃規制に反対し続けてきたあの団体が珍しく・・・!?

引用

米ライフル協、銃連射装置の規制支持 トランプ氏も前向き

【ワシントン=加納宏幸】銃規制強化に反対してきた与党・共和党の有力支持団体、全米ライフル協会(NRA)は5日、西部ラスベガスでの銃乱射事件を受け、半自動小銃に取り付けて連射を可能にする装置「バンプ・ストック」の規制を支持すると表明した。

 過去の乱射事件であらゆる銃規制強化に反対してきたNRAが前向きな姿勢を示すのは極めて異例だ。米議会では民主、共和両党から装置の所持や販売を禁止する動きが出ており、トランプ米大統領も検討に前向きな考えを示した。

 NRAは声明で銃乱射事件後に自殺した容疑者がバンプ・ストックを使っていたとされることを挙げ、「半自動小銃を自動小銃のように機能させられる装置は追加規制の対象にすべきだ」とし、銃規制を担当するアルコール・たばこ・火器および爆発物取締局(ATF)に検討を求めた。

 バンプ・ストックは100ドル(約1万1千円)から数百ドルで購入でき、半自動小銃に装着すると1分間当たり数百発の連射が可能になる。連邦法で強い規制がかかる自動小銃に改造することを可能にするものだとし、上院で民主党議員が所持や販売を禁止する法案を提出。下院でも共和党議員が提出する動きがある。

 これに関し、トランプ氏は5日、「短期間で検討する」と記者団に述べた。トランプ氏は米議会側と銃規制に関する協議を始めたとされ、サンダース大統領報道官は記者会見でバンプ・ストック規制をめぐる論議について「歓迎しており、(政権として)対話に参加したい」と述べた。

 最終更新:10/7(土) 7:55 「産経新聞」より
ラスベガスでの銃乱射事件を受け、再び銃規制の声が高まったアメリカ、その銃規制に対して一貫して反対の立場を取ってきたNRA(全米ライフル協会)が、ラスベガスの事件でバンプ・ストック(半自動小銃に取り付けて連射ができる装置)付きの銃が使われていたことから、そのバンプ・ストックを規制することを支持する声明を出したようです。

これまで銃規制に反対してきたNRAが規制に前向きな態度を取ったのって異例も異例だが、アメリカ議会で共和・民主関係なくバンプ・ストック規制の声が高まり、ドナルド・トランプ大統領も前向きな態度を取ったせいか、NRAもこれには一方的に反対の声を出せなくなったんでしょう。
「また『自衛の権利』を傘に反対するのか!?」って言われることを懸念してかも知れないが、一部からは「NRAは今まで銃規制に反対してきただけに今回の声明は虫が良すぎる」って言われそうですが。

半自動小銃に装着すると1分間で数百発も連射できるというバンプ・ストック、普通のハンドガンでもマシンガンのような殺傷能力を持つようになるんだから、怖いねェ・・・。普通の市民でも怖いが、これが犯罪者だったり精神異常者が所持してたら・・・!? 想像を絶するよ。
その危険性を重く見てかアメリカ政府内で販売及び所持を禁止する法案を上院内で提出し、下院でも提出の動きが出てますが、アメリカで久々に銃規制に関する法案が出たんじゃないでしょうか(過去にブレイディ法なる法律もあったが)?

連射装置を規制したところでアメリカにおいて銃乱射事件が無くなるとは思えない。むしろ軍用ライフルのような殺傷能力が高い銃を一般市民が所持するのはイザ知らずそれを販売することを禁止したり、過去に犯罪歴があったり当局の監視対象になっている者には銃の所持を認めない。売らないってことも考えてはどうよ。

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード