日本の労働環境は全然変わってない

NHKの女性記者が過労が原因で急死したことで、またこの問題が繰り返された感じがします。
社会、て言うか企業はこの事件を全然教訓にしてないんでしょうか!?

引用

労働環境判断基準見直しも繰り返される悲劇

 大手広告会社の電通で新入社員が過労自殺したことをきっかけに、「働き方改革」が一躍注目を集めた。違法残業に対し、国も厳しい目を光らせるようになったが、明るみに出る企業の過労問題は氷山の一角だ。

 電通の高橋まつりさん=当時(24)=は平成27年のクリスマスに都内の社宅から飛び降りた。激務が続き、「眠りたい以外の感情を失った」といった悲痛な叫びをツイッターに投稿。鬱病を発症する1カ月前の残業が月105時間に達していたとして28年9月に労災認定された。

 同社では3年にも入社2年目の男性社員が過労で自殺し、最高裁が12年に会社側の責任を認める判決を出している。これが契機となり、過労死など国の判断基準が見直された。

 だが、悲劇は繰り返される。20年6月、居酒屋チェーン「ワタミ」子会社の女性社員=当時(26)=が自殺。休日がほとんどなく午後から早朝にかけて長時間勤務を続け、24年2月に労災認定された。

 昨年4月には関西電力高浜原発1、2号機(福井県)の運転延長の審査対応をしていた課長職の40代男性が自殺し、同年10月に過労自殺として認定されている。

 厚生労働省が昨年初めてまとめた「過労死等防止対策白書」によると、27年度に過労自殺(未遂も含む)で労災認定されたのは93件。一方で勤務問題を原因の一つとする自殺は2159件に上っており、過労死の全体像は明確になっていない。

 最終更新:10/5(木) 7:55 「産経新聞」より
記憶に新しい電通の女性社員が過度の長時間労働の末に自殺した事件から一気に噴出した長時間労働による過労死問題、今度はNHKでも起こったっていいますから、正直言って違法残業がまだ根強くあることにはあの事件から何を学んでるのかと言いたくもなります。

厚生労働省によれば、平成27年度に過労自殺による労災認定は93件で、勤務問題を原因とする自殺が2159件って言うけど、正直これは氷山の一角に過ぎないと思うし、実際はそれ以上あるんじゃないかと推測もしたくなります。

ハッキリ言って企業は相変わらず労働者の権利を二の次にしているのかと思うし、自分たちの利益と保身しか考えない近視眼的極まりないその思考がブラック企業に成り下がる要因になって、企業のイメージ低下を招いていることに気づいてないんでしょうか? 一方的に残業を強いて長時間労働も厭わないその姿勢は、まるで産業革命期のイギリスのようだ。

例え問題が発覚しても企業名を伏せるのはアンフェアだし、企業の上層部を甘やかしてるだけでしかないです。
ヨーロッパみたいに、労働基準局などが定期的に企業を抜き打ち調査して、違法残業や長時間労働を課してないかをチェックするとかしなければまた同じ問題を繰り返すだけです。
こういう問題が起こる度に、日本の企業のイメージ低下を懸念したくなります。
何回も言ってるけど、企業はノルマ優先主義と目先の利益、て言うか金儲けしか考えない風潮をいい加減正さなければ変わらないんじゃないのか!? これでは選挙で勝つことしか考えないアホな政治家と同じだ。

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード