ラスベガスで無差別乱射!!

アメリカ史上最悪の銃乱射事件が”また“起こってしまいました。
去年のフロリダもそうだが、毎年のように無差別乱射事件が起こるのって、ホントアメリカは間違いから学ぼうとしない国民性もいいところだよ。

引用

米乱射、動機解明急ぐ=64歳容疑者、犯罪歴なし―ラスベガス

【ラスベガス(米ネバダ州)時事】米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で59人が死亡、527人が負傷した銃乱射事件で、捜査当局は2日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の自宅を捜索するなど動機の解明に全力を挙げた。

 米メディアなどによると、容疑者に犯罪歴はなく、テロ組織との関連も確認されていない。

 トランプ大統領夫妻は2日、ホワイトハウスの南庭でペンス副大統領やスタッフと共に、乱射の犠牲者を悼んで黙とうをささげた。政府機関には半旗が掲げられた。トランプ氏は4日、ラスベガスを訪問し、警察関係者や遺族らと面会する。

 サンダース大統領報道官は2日の記者会見で、犯行の背景や再発防止策に関しては「今は国が団結する時だ。捜査が始まったばかりで動機も分かっておらず、政治的な話をするのは時期尚早だ」と言及を避けた。

 捜査当局は2日未明、ラスベガスから北東に約100キロ余り離れたネバダ州メスキートの容疑者の自宅を捜索。自宅から数丁の銃や弾薬が発見された。入手先は明らかになっていないが、ネバダ州は米国でも銃規制が緩やかで、所有者は届け出などを義務付けられていない。

 CNNテレビなどは、パドック容疑者の父親=1998年に死亡=が、かつて連邦捜査局(FBI)に指名手配されていた銀行強盗犯だったと報道。ただ、容疑者自身については交通違反以外の犯罪歴はないという。

 過激派組織「イスラム国」(IS)は2日、「最高指導者の呼び掛けに応じ、IS兵士がコンサートを見下ろすホテルから群衆に向けて銃を発射した。約600人を死亡・負傷させ、弾薬を使い果たした後で殉教者になった」と犯行を主張する声明を出した。一方、米当局は容疑者とテロ組織との関係を否定している。

 警察によると、パドック容疑者は1日午後10時すぎ、約2万2000人が集まるカントリー音楽のコンサート会場に向け、近くのホテルの32階の部屋から銃を乱射したとみられている。警察の特殊部隊が部屋に突入した際には既に自殺していた。室内からは複数のライフルを含む10丁以上の銃が見つかった。

 最終更新:10/3(火) 8:24 「時事ドットコム」より
カジノでおなじみのネバダ州・ラスベガスで2日に突然男がホテルの32階から銃を乱射し、59人が死亡、527人が負傷するという痛ましすぎる顛末となったけど、現場はカントリー音楽のコンサートが開かれていた広場で、当然大勢の人が集まって賑わってたその場所を標的にするとは、ソフトターゲットを狙った無差別テロにも等しいです。

その後容疑者は自殺という展開になったが、その容疑者がいたホテルの部屋から複数のライフル銃が見つかるなど、明らかに銃乱射事件を起こす気満々だったが、その銃はハンドガンではなく特殊部隊が使うようなマシンガンだったっていいますから、一般市民がこんな殺傷能力が強い銃を持てるなんてとすら思います。
いくら憲法で保障された「武器を持つ権利」とはいえ、ここまでするかと首を傾げたくもなります。

またネバダ州は銃に対して寛容だからか、特別な許可と言うか手続も必要としない為誰しも銃を持てるってことだが、西部開拓時代の名残なんじゃねェのか、コレ。

またも繰り返された銃社会の問題点、今回はIS(イスラム国)が犯行声明を出したけど、アメリカ当局は容疑者との関係を否定してますが、無差別テロが起こるとすぐにイスラムに矛先を向けるのは明らかに的外れもいいところ。
これほど銃乱射事件が起こってるにも関わらず、それでも銃を捨てきれない。規制できないアメリカ、NRA(全米ライフル協会)にとって銃乱射事件は残酷だと言う意識がないんでしょうね!! それで大勢の人が死んでもお構いなしなんだからどんな神経してんだろうか、ホント・・・。

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード