来月に解散総選挙!?

北朝鮮がまた挑発的な言動をしかねない非常事態に何でこんなことが出てくるのか?
寝耳にウォーター(ルー語)もいいところだよ。

引用

衆院選「来月22日投開票」に…28日解散へ

 安倍首相は、28日に召集される臨時国会の冒頭で衆院解散に踏み切り、「10月10日公示―22日投開票」の日程で衆院選を行う意向を固めた。

 内閣支持率が回復基調にあることや、民進党の混乱が続いていることなどを考慮した。2019年10月の消費税率10%への引き上げ時の増収財源の使い道について、国の借金返済から幼児教育無償化など子育て支援の充実に変更することを争点に掲げる方針だ。自衛隊の根拠規定を明記する憲法改正も訴える。

 首相は公明党の山口代表や自民党の二階幹事長に、すでにこうした意向を伝えた。山口氏は17日、訪問先のロシアで記者団に「常在戦場の構えで臨んでいくべきだということは、かねて申し上げてきた通りだ」と語った。首相は国連総会出席などのため18日に訪米する前にも山口氏と会談する予定で、帰国後に北朝鮮情勢などを踏まえ、最終判断する。

 2017年09月18日 06時07分 読売新聞
国連総会に出席する安倍晋三総理だが、今月28日の臨時国会において衆議院を解散して来月22日に投開票を行うということで解散総選挙に踏み切る意向を固めたが、いきなり突然の解散総選挙に踏み切った理由って何でしょうか、ホント・・・。

民進党の混乱、内閣支持率が回復傾向にあることを考慮したが、自衛隊の根拠規定を明記する憲法改正などを実現する為もだが、再来年10月の消費税率を10パーセントに引き上げる際の増収財源について国の借金返済から子育て支援の充実に変更する狙いがあるけど、自分たちで身を削ったほうがいいんじゃないのか?
ただでさえ北朝鮮情勢が予断を許さない中で衆議院を解散して総選挙って、何悠長なことを考えてんだと総ツッコミを受けそうだけど、やるなら今だと安倍総理は思ったも知れないが、この非常時に選挙は国民が納得するだろうか。来年はもっと深刻になって選挙どころじゃなくなる危険が大きいからでしょう。

ただ上西小百合や豊田真由子、中川俊直といったスキャンダリストをリストラ(落選)するには格好の機会だが、これも今すぐやったほうがいいと言う意見もありそうです。こういう議員は正直言って税金のムダ以外の何物でもないです。
さらに野党、北朝鮮情勢や森友及び加計問題を理由に難癖をつけそうだが、そうやって与党の批判ばっかするから支持されないってことをいい加減痛感しろと言いたくなります。今回解散を仄めかす言動について自己保身解散だと批判してるが、他人の批判よりも自分たちが今置かれている現実を見るべきだ。

theme : 日本を正常な国に戻したい
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード