この店でO-157が拡大した理由は

ポテトサラダだけではありませんでした・・・。

引用

O157、店内で拡大か…フタなく器具使い回し

 埼玉、群馬両県の総菜販売「でりしゃす」系列店の総菜を食べた人から相次いで腸管出血性大腸菌O157が検出されている問題は13日、東京都内の女児(3)が死亡したことが明らかになり、感染者は22人に拡大した。

 女児が食べたのは加熱された総菜で、前橋市保健所は、店内で販売中に汚染が広がった「二次汚染」の可能性もあるとみて調べている。

 「皿に盛られた総菜を客が自分で取る新しい業態で、そこの衛生管理は我々の盲点だった」。13日に記者会見した同市保健所の担当者は、従来の食品衛生管理の指導方法に欠落した部分があったことを認めた。

 同保健所によると、死亡した女児が食べたのは、前橋市の「でりしゃす六供店」が販売したエビやタケノコのいため物など。同店では、ポテトサラダなどを食べた人に感染が確認されていたが、女児が口にしたのは加熱した総菜だけだった。

 O157はしっかりと加熱すれば死滅する。このため、同保健所は「感染経路は不明」としながらも、加熱調理後、店舗内に総菜を並べた後に、菌が付着した二次汚染の可能性があるとみている。

 でりしゃす店内では、総菜が大皿などに並べられ、客がトングなどを使って自由に取り分ける方式を取っていた。ふたはなく、取り分ける器具も使い回せる状態だった。このため、器具の使い回しやエアコンの風などで、複数の総菜に菌が付着したことなどが想定される。

 2017年09月14日 07時43分 読売新聞
群馬県と埼玉県に展開する惣菜チェーン店「でりしゃす」系列の販売店で、ポテトサラダを購入して食べた客が腸管出血性大腸菌・O-157に感染するという食中毒事件は、13日に3歳の女児が死亡するという最悪の事態になったけど、前橋市保健所によれば店内で販売中に感染した「2次感染」の疑いとあるとして調査するみたいです。

またこの店ではポテトサラダなどを食べた客が食中毒となったと確認されたが、なんとポテトサラダだけではなかった。エビとタケノコの炒め物からもO-157が確認されたって言いますから、充分加熱して菌を死滅させたのになぜ感染したのか? 原因は別のところにあるみたいです。

この店では惣菜は大皿に盛り付けられて並ばれて、客がそれを取るという形式だけど、大皿に蓋はなく取り分けに使うトングも使い回してたってこともだし、またエアコンの風も菌が付着した原因と指摘されてるけど、エアコンの風、確かにエアコンのフィルターにカビなどが付着して、外気にそれが触れられるとそれも十分に考えられる。
そして皿には蓋がついてないことでその風を受けやすい、だとしたら考えられるよね・・・。普通惣菜には蓋をして菌の付着を防ぐはずだがそれをやってないって衛生的にどうなのよ? だったらホテルやレストランのバイキングなども危うい。

また保健所の見解によれば従来の食品衛生管理システムの指導法に問題があったと言っており、新しい形式に対応していなかったことがこの事件につながったと思うと、今となっては取り返しのことでしかない。
こうなると、惣菜全般に言えることとして、販売する際にはパック詰めしなきゃダメと言うルールが出来そうだ。

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード