大チョンボをしでかした徳島県警

警察はネット犯罪に対する知識があまりにもないというところを露呈したのではないでしょうか?

引用

なりすまし誤認逮捕、「ネット犯罪の知識不足」

 短文投稿サイト「ツイッター」を利用した詐欺事件で、徳島県警三好署が、愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)を誤認逮捕していたことがわかった11日、西岡寿典署長らは「捜査は軽率で慎重さを欠いた」と不手際を認め、陳謝した。

 女性が容疑を否認し続けたにもかかわらず、勾留が19日間にも及んだ背景には、ネット犯罪に対する県警の知識不足があった。

 会見には、西岡署長と安部圭彦副署長のほか、県警刑事部の幹部が出席。西岡署長らは誤認逮捕に至った理由について、被害者がツイッターで女性とやりとりしていたと申告しており、被害者の現金の振込先の口座が女性名義で、振り込み当日に女性が現金を引き出していたことなどを挙げた。

 一方で、釈放後、女性がチケットを送った郵便局を自力で捜し出し、捜査の見直しにつながったことについて、報道陣から「もっと熱心に捜していれば、警察でも見つけられていたのではないか」との厳しい質問が飛ぶと、西岡署長らは釈明に追われた。

 同署が、詐欺容疑で11日に書類送検された京都市内の中学3年の少女にたどり着いたのは8月下旬。西岡署長は「捜査を始めた時は(誰かが女性に)なりすましているということは頭になかった。ネット犯罪への知識不足」と難しさをにじませたが、少女は「犯行の手口は自分で考えた」と話したという。

 さらに、西岡署長らは「少女と女性の共犯性を打ち消すことに時間を要した」ことを理由に、発表までに時間がかかったと説明した。

 女性が釈放されてから3か月以上が過ぎ、安部副署長らは10日、少女への捜査終結に合わせて女性宅を訪ね、謝罪した。女性は「そっとしておいてほしい」と答えたという。

 地検の町田聡次席検事は11日、女性を処分保留とした理由について、「起訴できるだけの証拠が集まらなかった」と説明。捜査関係者の1人は、地検が慎重だった理由を「最後まで自供を得られなかったことに難色を示していた。警察の取り調べで、取調官と女性との話がかみ合わない場面も多かったようだ」と打ち明けた。

 地検は、女性への謝罪について「少女の処分が決まった段階で、適切に対応する」とした。

 2017年09月12日 07時47分 読売新聞
ツイッターで「関ジャニ∞のコンサートのチケット売ります」とホラ吹いて現金を騙し取った詐欺事件で、徳島県警三好署に逮捕された愛知県豊田市の専門学校に通っていた21歳の女性について、なんと誤認逮捕だったことが発覚したっていうけど、その女性はやってないと否認したにも関わらず19日も勾留されたっていいますから、ヒドい話だよね。
なんで警察は女性を19日にも勾留したのか? その理由として警察全般のネット犯罪に対する知識というか認識不足が招いたことにあるんだよね。SNSが市民権を持っているこのご時世、警察がネット犯罪に対して未だに対策を進めていなくてどうするのかと言いたくなります。

11日になってその女性になりすまして詐欺を起こしたとして京都市在住の15歳の少女を書類送検したけど、その少女と被害者の女性がツイッターでやり取りしていたことから、三好書の署長らが誤認逮捕だった理由を揚げたけど、署長は「捜査を始めた時は(誰かが女性に)なりすましているということは頭になかった。ネット犯罪への知識不足」とコメントしたけど、これは警察全体の課題だと思います。

署長らはその女性に謝罪したけど、謝罪で済む問題ではありません。
無実の女性を一方的に勾留させ、精神的な苦痛を与えたことに責任はないのかと思うし、もしその女性がトラウマでも負ったらどうするのか? 証拠もなく相手の充分な言い分も聞かずに一方的に犯人扱いするのは物事などを白か黒かで決めつける単純思考もいいところだ。これが結果として警察に対する信用低下につながるんだけどね!!

ただネット犯罪は匿名性が強く、どうやってなりすましを見抜くのかが難しいし、また中高生でもこのような犯罪に手を染めやすいという問題もあるだけに、複雑な問題だけど、警察も今後はサイバー犯罪に対する知識及び対策を学ぶべきではないでしょうか?

それとなりすましは犯罪です!! 絶対にやめましょう!!

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード