カタルーニャのXデーは来月1日?

本気で分離独立する気みたいです。
スペイン政府がいくら「憲法違反だ!」って言っても聞く耳すら持ってないみたいです。

引用

カタルーニャ独立、10月1日に住民投票

【パリ=作田総輝】スペイン東部カタルーニャ自治州の州議会は6日、スペインからの独立の是非を問う住民投票を10月1日に実施する法案を賛成多数で可決した。

 中央政府は、投票は違憲と反対しており、対立が深まっている。

 スペイン第2の都市バルセロナを州都とするカタルーニャ州は、独自の言語や文化を有する。国内屈指の経済力を誇る豊かな地域で、2009年に始まるユーロ危機を契機に、住民の間で、国の財政を支えるために過剰に負担を強いられているとの不満が強まり、独立運動が広がった。

 住民投票実施の法案を通過させた6日の採決では、プチデモン州首相の与党をはじめ、州議会の過半数を占める独立派が賛成に回った。国政与党の国民党などは採決に抗議して退席した。

 2017年09月08日 14時34分 読売新聞
バルセロナがあるスペイン東部・カタルーニャ自治州で6日、州議会においてスペインからの分離独立を問う住民投票を来月1日に実施する法案を賛成多数で可決するという事態になったけど、現在の州議会では独立賛成が多数派を占めており、議会で可決は時間の問題だったといえます。

かつてのローマ帝国とフランク王国の影響が強く、カスティーリャの影響が強いスペイン中央政府と異なる言語と文化を持つカタルーニャ、スペイン中央政府が経済危機にある為か中央政府に負担を強いられる不満からもう中央政府の言いなりは嫌だ!! って独立を叫ぶ声が高まったが、憲法裁判所から「待った」がかかったことで、おとなしくなったがそれでも分離独立を諦めない州政府が議会で賛否を取ったといえますが、そんなにスペイン中央政府、ていうかカスティーリャの時代から不満が続いてたと推測します。

だが、スペイン中央政府は「この住民投票は憲法違反である」と頑なに反対し、カタルーニャとの溝は深まってるけども、カタルーニャが分離独立すればバスクが「次は我々だ」と言わんばかりに動き出すから、カタルーニャの動きにはけしからんと怒りを露にしたと言える。
カタルーニャ分離独立の動きがまたという展開、再び緊張状態となったスペインは一体どうなってしまうのか・・・!!

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ スペイン政府との溝が余計深まりそう

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード