オーストラリアに初勝利でロシア行き決定!!

初戦黒星と言う最悪の出だしから、紆余曲折したハリル・ジャパンでしたが・・・!!

引用

浅野が決めた!豪州“初撃破”で6大会連続W杯出場決定

 新世代がW杯の扉を開いた。日本は埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦し、2―0で快勝。勝ち点20で、グループ1位が確定し、6大会連続6度目のW杯本大会出場を決めた。FW浅野拓磨(22=シュツットガルト)、MF井手口陽介(21=G大阪)がゴール。若い力がW杯予選未勝利だった難敵を打ち砕き、ロシアへの道を切り開いた。

 ポーズが新時代の到来を告げた。W杯出場を決める一撃を決めた浅野はゴール裏まで走り、両手で牙をむき出しにしてみせた。「それを期待している人もいるので、やりたいと思っていた」。興奮は収まらない。そのままチームメートにもみくちゃにされた。「自分がヒーローになると言い聞かせていた」という決意を込めた一撃だった。

 前半41分、左サイドで長友がボールを受けた瞬間、抜群の嗅覚で最終ラインの裏を狙って駆けだした。「あそこしかなかった」。最終ラインを1人抜け出し、左足で丁寧に当て、右隅へ。一瞬の動きに相手GKは反応できなかった。スピード。これこそが浅野の武器だ。アーセナルのベンゲル監督が「走り、スピード、体の強さ、アグレッシブさ。最近あれほどDF裏に走り込む選手はいない」とほれ込む才能。今は期限付き移籍でシュツットガルトに所属し、大柄なDF相手に武器を磨き続けてきた。

 先発を告げられたのは決戦前夜。最近の最終予選4試合で出場機会は訪れず昨年9月のアウェー・タイ戦以来7試合ぶりの先発出場。「緊張しないように準備するのは無理。ドキドキした」と苦笑いするが、目を閉じれば腹は決まった。「ワクワクしながら寝ていました」。高校選手権では得点王に輝き、15年のJリーグチャンピオンシップでは途中出場でゴールを挙げ、リオ五輪でも連続得点。“持ってる男”としての価値を証明した。

 満足に試合に出られない時から自信だけは失わなかった。広島での1年目。リーグ戦出場はわずか1試合だったが、試合に臨むメンバーが張り出される部屋には、いつも自分の名前が書かれていると信じて足を運んだ。「(諦めて)見に行かない人もいるけど、自分はいつも行っていた。全く試合に絡めてなかった時でも“自分を出してくれたら絶対にゴールを決めるのに”と思っていた」。飛躍の原動力は自分を信じる気持ちの強さだった。

 過去にW杯決定弾を決めた選手はいずれも本大会の地を踏んだ。「W杯のメンバー発表が本当のスタート地点。そこに立てる準備をしたい」。新世代のストライカーが日本の新たなページを開いた。

 [ 2017年9月1日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
あと1勝でロシア・ワールドカップ出場権を手にできる日本代表、それをかけた相手はオーストラリア、今まで日本代表はオーストラリア相手に辛酸を味わい続けたことで、まさに「最後の壁」でしたが・・・。

そんな不安を一蹴したのはこの試合でスタメン出場となった浅野拓磨、ここ最近の最終予選では出番に恵まれなかったが、久々のスタメンで躍動したようです。
前半41分に長友佑都からのクロスに上手く反応して自慢のスピードで最終ラインへと抜け出し、左足でシュートを放ち先制点!! このクロスに上手く反応した浅野、スピードに秀でてる選手はこういうプレーに強いと言えますが、それにアグレッシブさとフィジカルの強さも加われば鬼に金棒です。

「自分がヒーローになると言い聞かせていた」、先発起用された以上は結果を出さねばいけないと言う自信をもって挑んだことがこのゴールにつながったと思うと有言実行もいいところです。

先制ゴールを決めた浅野もスゴいが、後半37分にダメ押しのゴールをミドルで決めた井手口陽介も褒めるべきでしょう。
試合は2-0でこのまま終了、この結果今まで勝てなかったオーストラリアに初めて勝利し、かつロシア・ワールドカップ出場を決めたのだから、浅野・井手口という若い力で勝ち取ったとなれば日本代表にとって収穫をもたらす価値あるものではないでしょうか。

初戦のUAE戦でまさかの負けを喫し、不安なスタートとなってその後も試合内容を巡って批判もあったハリル・ジャパン、一時はヴァリド・ハリルホジッチ監督の更迭も囁かれたものの、そこからチームが復活したと言えばこれは精神的に成長したと言うべきですかね。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード