改めて「何だこいつは!!」、埼玉・朝霞中3女子生徒誘拐監禁事件その5

長く裁判をニュースで見たけど、こんな事態で公判が中止になるのってあり得ないです。
て言うか被告は自らの起こした事件を全然反省してないもいいところです!!

引用

朝霞少女誘拐、公判で被告が奇声…判決延期に

 埼玉県朝霞市の少女(16)が誘拐され、昨年3月に2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた東京都中野区東中野、寺内樺風被告(25)の判決公判が29日、さいたま地裁(松原里美裁判長)で開かれた。

 寺内被告は奇声を上げ、不規則発言を繰り返し、判決の言い渡しは延期となった。

 寺内被告は午前10時半頃、甲高い叫び声を上げ、にやにやした表情で入廷。傍聴席に向かって意味不明な言葉を発し、松原裁判長に名前を聞かれると別の名前を名乗り、職業は「森の妖精でございます」などと答えたため、いったん休廷となった。

 公判は同11時10分頃再開されたが、名前を聞かれると、再度、別人の名前を名乗るなどしたため、松原裁判長が期日の延期を決めた。次回期日は未定という。

 2017年08月29日 11時50分 読売新聞
埼玉県朝霞市在住の中学3年の女子生徒を誘拐し、2年も監禁したとして未成年者誘拐及び監禁致傷罪で逮捕された25歳の男の判決公判が29日にさいたま地裁で開かれたけど、被告の男は法廷でニタニタした表情を見せたり「森の妖精です」なんて意味不明の発言をしたり、突然奇声を上げると言う精神異常者レベルの言動を繰り返し、裁判は休廷しただけでなく判決の言い渡しが延期となる事態になったようです。

それにしても、改めて何様でしょうね!!
事件を全く反省する態度を見せず、法廷でニヤついた表情をしたり意味不明な発言をしたり、被害者の少女や家族をえらくバカにしたような言動もいいところだが、いきなり法定で奇声を発するなんて、精神的に頭がおかしいを通り越してますし、下らない三文芝居なんてレベルじゃない。お前はジャングルの猿か!! 猿にも失礼だ。
責任能力以前の問題で、精神鑑定をするに値しないです。事件を起こして少女にトラウマを与えた上に、法廷で意味不明でふざけた言動を繰り返すなど反省の態度が微塵もないから、100パーセント有罪判決が望ましい。懲役15年を求刑って、刑罰の期間を倍にするかケタを一つ増やしていいくらい。精神疾患とか心神耗弱とか、そんなの下らな過ぎる言い訳だ。

まして判決言い渡しを延期させると言う愚行、裁判だって国民の税金で成り立っている以上、お前はえらいことをしでかしたと言いたくなるし、国民の税金をお前の下らん言動でムダ使いされたんじゃふざけんな!! 全く!! って吐き捨てたくもなります。
少女に重いトラウマを植えつけといて、法廷でふざけた態度か。どこまで世論をバカにすれば気が済むんだ!! 精神耗弱を装って罪を軽くしようなんてふざけてるとしか言えないが、法廷で悪態をつきまくる、まるでかつての池田小乱入殺傷事件の被告を思わせる悪質って言うか厚顔無恥ぶりだ。

こんな奴は一生刑務所か精神病院にでも入れて二度と社会に出してほしくないよ。仮に出所してもGPSを取り付けて一生監視すべきだ。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → その4

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード