国防長官が北朝鮮に「脅しに似た警告」?

アメリカとしては北朝鮮にいい加減鉄槌でも加えておかしくないけども・・・!?

引用

マティス米国防長官、北に「自国民の破滅回避」を警告 トランプ大統領の「炎と怒り」発言受け

【ワシントン=黒瀬悦成】マティス米国防長官は9日、北朝鮮情勢に関し声明を発表し、ミサイル発射などの挑発行為を続ける金(キム)正(ジョン)恩(ウン)体制に対し「体制の終(しゅう)焉(えん)や自国民の破滅につながるような行動を検討するのをやめるべきだ」と警告した。「自らを孤立させる道を選ぶことをやめ、核兵器を追い求めるのを断念しなくてはならない」とも指摘し、核・ミサイル開発の放棄を迫った。

 マティス氏が北朝鮮に対して強硬なメッセージを発するのは異例。トランプ大統領が8日、北朝鮮が米国を脅迫し続ければ「炎と怒りに見舞われる」と軍事攻撃を言明したのに一定の歩調を合わせた。

 マティス氏はまた、米国と同盟諸国は「地球上で最も適切かつ準備万端で強固な防衛能力と攻撃能力を備えている」と強調しつつ、北朝鮮の脅威に対しては「米国務省が外交的解決を目指し全力を尽くしている」と指摘し、米政権が現段階では外交解決を目指す方針であることを改めて打ち出した。

 一方、ティラーソン国務長官は9日、東南アジアから米領グアムに向かう機中で記者団に対し、トランプ氏の発言は「外交的な表現を理解しているとは思えない金正恩(朝鮮労働党委員長)が理解できる言葉を使って、北朝鮮に強いメッセージを送ったのだと思う」と説明した。

 国務省のナウアート報道官は9日の記者会見で「米政府の立場は一致している」と主張。一方、複数の米当局者はCNNテレビに対し、8日のトランプ氏の発言は「アドリブだった」と語っており、両長官の発言は、同氏の「爆弾発言」と政権の方針に一貫性を持たせるため、つじつま合わせを図ったとみられる。

 最終更新:8/10(木) 9:02 「産経新聞」より
弾道ミサイルを同時に4発もグアムに目がけてぶっ放す計画を企てている北朝鮮、その北朝鮮に対してアメリカのジェームズ・マティス国防長官は9日「体制の終焉や自国民の破滅につながるような行動を検討するのをやめるべきだ」「自らを孤立させる道を選ぶことをやめ、核兵器を追い求めるのを断念しなくてはならない」と脅しと取れる発言をし、また核とミサイルを放棄しろと警告したみたいです。

国防長官が特定の国を名指しで批判するのは異例だが、ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮に対して8日に「これ以上北朝鮮がアメリカを脅して挑発するならば、炎と怒りに見舞われる」と軍事攻撃も辞さない姿勢を取ったことで、マティス国務長官がそれに追随した感に見えます。
ハッキリ言って北朝鮮は一線を越えまくってるのに、アメリカは口だけで非難して表立った行動に出てないから(中国企業に対する制裁を含め)、正直北朝鮮とアメリカの構図ってプロレスのマイクパフォーマンスにしか見えない。相手をこき下ろすセリフの応酬ばっかで全然中身を伴わない。まるで子供の口喧嘩レベルだ。

「米国務省が外交的解決を目指し全力を尽くしている」と対話による解決も示唆したマティス国防長官ではあるが、あの国相手に対話で解決なんて出来ません。核とミサイルを捨てよなんて言っても馬耳東風でしかないし、相手をだまくらかしていい気になる国ですからね(ロシアに対して「平和利用するから原子力発電を認めて」なんて言って容認を得ると、すかさず核開発に手を出したように)。

即ち、北朝鮮に対してこれ以上核とミサイル開発を続ければ国際的に孤立して自国民を不幸にするだけだと言う警鐘を鳴らしたが、それでも北朝鮮が聞く耳をもたなければ・・・!? イラクみたいに国連決議をスルーして軍事介入なんてシナリオになりそうです。
今の時点では外交的な解決を望んでいるアメリカではあるが、本音では我慢の限界でしょう。

theme : 北朝鮮問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード