マテオが打たれたんならこっちも・・・!!

相手のストッパーを打ち崩して逆転勝利は大変価値があるものです。
まして味方の中継ぎエースが打たれた後でのこととあれば。

引用

金本監督9回逆転に大興奮「マテオ打たれた仕返し」

<巨人4-5阪神>◇9日◇東京ドーム

 阪神金本知憲監督(49)も9回逆転勝ちに大興奮だった。

 「疲れましたけど、最後は土俵際ではね返してくれて良かったです。なんか興奮してますね、わたくしも」。

 1死からヒットで口火を切った代打伊藤隼、同点三塁打の福留、勝ち越し犠飛のロジャースをたたえた。「うちも今日はマテオがちょっと打たれましたけど、その仕返しと言いますかね。こっちもクローザーから点を取ってやるというね、そこが一番良かったかなと思います」。巨人守護神のカミネロ打ちを評価。この日の勝利で自力Vが復活したが「今日の勝ちを生かすためにも明日頑張ります」と巨人連倒を誓った。

 [2017年8月10日1時15分 「nikkansports.com」]より
東京ドームに乗り込んだ阪神、初戦は一方的な負けを喫し、迎えた2戦目は7回表まで3-1でリードしていたがその裏3番手・岩崎優がまさかの連打でピンチを作り、たまらずマルコス・マテオにスイッチ、しかしそのマテオが巨人のマギーに走者一掃のタイムリーを浴びて逆転、なおかつ勝ち越し点は一旦タッチアウトだったもののビデオ判定でセーフになったから、重い雰囲気が漂いました・・・。

そして9回表、巨人はストッパーのカミネロを投入、この回の先頭打者1番俊介があっさり凡打に倒れ暗雲がまた立ち込めるが、続く2番・途中から守備に入った森越祐人のところで代打・伊藤隼太を投入、伊藤がカミネロからセンター前ヒットで出塁、これが反撃のきっかけとなれと願い、続く3番・福留孝介が右中間オーバーの3塁打で伊藤が生還、この試合全部出塁しているベテランの意地の一打で同点とすると、続く4番ジェイソン・ロジャースが犠牲フライを放って逆転!! その時福留がキャッチャーのタッチを上手くかわしてベースに手をついたから、まさに激走です。
福留の3塁打が流れを変えたっていうか、打球が右中間オーバーだったことも相まって一つでも先の塁を狙おうと全力疾走したその内容、若手にとって刺激になります。

その裏ラファエル・ドリスが3者凡退に打ち取り、逆転勝利を収めたわけだが、一番興奮しているのはファンよりも金本知憲監督でしたね。
「うちも今日はマテオがちょっと打たれましたけど、その仕返しと言いますかね。こっちもクローザーから点を取ってやるというね、そこが一番良かったかなと思います」とマテオがまさかの逆転打を喫したが、だったらこっちも相手のクローザーを打ち崩す!! って意地が出たと言えます。

口火を切った伊藤、意地と気迫の同点タイムリー3塁打の福留、勝ち越し犠牲フライのロジャース、自慢のリリーフ陣の一人がやられたらこっちもやり返すっていう勝利への執念を見せたことに尽きます。この3人に対しては。特に福留でしょうか。
逆転優勝を目指す為にも、最後まで執念を見せてほしいです。広島が敗れてマジックがまた消滅、これに伴い自力Vが復活しただけに。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード