デビュー戦でノーヒットノーラン

日本プロ野球において78人が達成したノーヒットノーラン、中でも初登板及び初勝利での記録は後にも先にもこの人しか達成していません。
その投手の名は近藤真一、かつて中日ドラゴンズで左の先発格として名を馳せたが、活躍した期間が少なくマニアックなファンでなければ覚えてない選手の一人だが、そんな彼を有名にし、また記憶に残る選手の一人になっているのは高卒ルーキーでありながら初登板でノーヒットノーランと言う離れ業というかセンセーショナル過ぎるデビューを飾ったことにあります。

今から30年前の今日1987年8月9日、ナゴヤ球場で行われた中日対巨人戦、この日中日の先発として初めて1軍のマウンドに立ったこの年のドラフト1位ルーキー・近藤、享栄高校時代はストレートとカーブを武器にエースとして活躍、高校生離れした風貌と貫禄も相まって注目を集めたことからこの年の大物ルーキーの一人でもありました。
いくら高卒ルーキーでもいきなりデビューさせないだろうと思いきや、この日の前日に中日は先発投手がいない状態となり(本来この日に先発予定の投手を前日の試合で使ったことも影響している)、困った池田英俊投手コーチだが、星野仙一監督が「あの高卒ルーキーがいるだろ」と近藤をこの日の先発に指名したが、当の近藤も先発あるかもと冗談半分で思ってたけどホントに先発を告げられたのだった。

午後6時20分に試合開始、近藤はいきなり巨人の1番打者・駒田徳広にストレートで挑むもそれを駒田が辛うじてファールにしたことで「緊張が取れた」と駒田を3球三振に打ち取ると、続く2番岡﨑郁、3番篠塚利夫を凡打に打ち取って上々な立ち上がりを見せると、その裏中日はこの年ロッテから移籍した落合博満が3ランホームランを放ちいきなり援護点を得ると、2回表も3者凡退に打ち取り、続く3回表に先頭打者を打ち取るも続く山倉和博にフォアボールを与えるが、後続を2者三振に打ち取って冷静なマウンドさばきを見せたのでした。
5回裏にまた落合がホームランを放つなど3点を追加し6-0、その時チームメイトだった石井昭男が「今日はヒットを打たれていない」とこの時点でノーヒットピッチングだったことを知ると、だったらノーヒットノーランを達成しようと近藤は意識するようになったのです。

7回表に先頭打者をエラーで出塁、初めてノーアウトからのランナーを背負うが、冷静に後続(3番篠塚・4番原辰徳・5番クロマティ)を打ち取ってノーヒットピッチングを続け、8回表もフォアボールを出しながら冷静なピッチングでヒットを与えませんでした。高卒ルーキーなのにここまで冷静なピッチングとマウンドさばき、誰しもがびっくりするだろう。
そして迎えた9回表、1番から始まる打線だけに最後の壁になるかと思いきや、1番と2番を冷静にサードゴロに打ち取ってあっさり2アウト、そして3番篠塚を迎えますが、首位打者獲得経験もある好打者だけにこれまでかと思ったが、近藤は篠塚をカウント2-1と追い込み、最後は落差の大きなカーブで篠塚を見逃し三振に打ち取り、この瞬間初登板でノーヒットノーランを達成したのです!!

プロ初勝利をノーヒットノーランで飾ったのは元広島・外木場義郎氏しかいないが、プロ初登板かつ初勝利をノーヒットノーランで飾ったのは後にも先にも近藤だけです。

センセーショナル過ぎるデビューで一躍有名となった近藤、この後も先発ローテに加わり3つの完封(3つの内2つは巨人から挙げた)を含む4勝をマーク、冷静なマウンドさばきと力のあるピッチングがファンのハートを掴み、このデビューの影響もあって同年NHK紅白歌合戦の審査員にも選出されるなど多方面で人気を博したのでした。
翌年は背番号を1に変え、前年の活躍もあり飛躍が期待されてオールスターまでに7勝をマークしたが、オールスター明けに肘を故障して戦線離脱、その後復活して1勝を挙げ8勝を記録しチームは優勝するものの、日本シリーズでは1試合に中継ぎとして投げただけでした。

その後はケガとの闘いもあって勝ち星を上げることなく、1994年オフに現役を引退、プロ通算で上げた白星は12勝と寂しい限りではあったが、たった12勝しか挙げてないにも関わらずなぜ近藤の名は記憶に残っているのかというと、デビュー戦でノーヒットノーランと言う離れ業をしたことがファンの記憶に残る選手としてつとに知られています。後に近藤は「あれがなかったらもっと投げれた上に勝ち星も多かったんじゃと言われるけど、あれがあるから自分の名を覚えてもらっている」とコメントしている。
プロ通算8年にも関わらず活躍した期間は1年目と2年目だけという前半しか活躍できなかった近藤だが、この年の近藤の存在感は輝いていたと言っていいでしょう。現在は中日で投手コーチを務めている。また引退後一時期スカウトに転身して岩瀬仁紀を発掘したこともつとに有名です。

theme : 中日ドラゴンズ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード