「こんな人たち」発言を”今頃”陳謝?

本日の衆議院予算委員会は、加計学園疑惑についての追及ですが・・・。

引用

<安倍首相>「こんな人たち発言」陳謝 衆院予算委

 安倍晋三首相は24日午前の衆院予算委員会で、東京都議選の応援演説を行った際に一部の聴衆に対して「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことについて、「私に批判的な国民の声に耳を傾けない、排除する、と受け止められたのなら、私の不徳の致すところだ」と陳謝した。発言した理由も説明し、「大きな声でやじる人がいて、選挙演説が届かなくなったため」と答弁した。

 最終更新:7/24(月) 13:12 「毎日新聞」より
都議会選挙の応援演説を行った際、一部の聴衆が「安倍総理は退陣しろ」と抗議の声を上げたことについて「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と国民をバカにしたかのような発言をしたことについて「私に批判的な国民の声に耳を傾けない、排除する、と受け止められたのなら、私の不徳の致すところだ」と陳謝した安倍晋三総理、今になってそれを陳謝するのはいかがなものかとも思うし、陳謝して済むレベルでもないです。閣僚、それも総理と言う立場にいながら国民をバカにしかねない発言をしたことは問題だし、今に見れば言動に品がないとしか思えませんね。それ以上に言動に品がない者もいるが(今村雅弘・大西英男・豊田真由子は特に)。

自分に批判的な意見もあって当然の政局、批判的な意見に対し耳を傾ける姿勢もない、あまつさえ排除しようとする考えは独裁者の考えであり、現実に耳を傾けようとしない。客観的な見方を知らないもいいところで倫理的にあの態度はどうかしてると思う。
こうなった理由としては、周りを見ない政治が一部から批判されているにも関わらず、自分の理想と実績に甘えていい気になった弊害であり、自分の実績と保身より国民の自由と利益、そして安全を考えるのが国会議員、それも閣僚の常識なのにそれを全く分かってないとしか言えません。ハッキリ言って安倍総理の最近の言動を見ているとアメリカのドナルド・トランプ大統領と同じに見えてきます。

こんな人たち発言はまた「売り言葉に買い言葉」的な姿勢で、大人な態度ではありません。政治家がそんな姿勢では政治離れを助長するだけでしかないです。国会議員たるもの大人な姿勢と言うか言動を持って行動すべきです。まして今の自民党は腐敗が進んでいる以上、総裁としてその現実を見るべきです!!

theme : 安倍晋三
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード