こんな司法改革は冗談じゃない!

最高裁判所を政府の管轄下にするのは、国民にとって溜まったもんじゃないのは確か。
最近この動きの動向はどうも良くないことがあるからねェ・・・!?

引用

ポーランドで大規模デモ、司法改革法案に反発

ワルシャワ(CNN) ポーランドの首都ワルシャワで23日夜、数千人規模の抗議デモが実施された。最高裁判所を政府の制御の下に置く法案が議会を通過したことに市民らが反発したもの。

デモ隊は大統領府の前に集まって国旗や欧州連合(EU)旗を掲げ、「憲法」と「自由」の尊重を訴えた。

解散後も多くの参加者が最高裁や議事堂の前へ移動してデモを続けた。

問題の法案には、最高裁判事の任免を司法当局の権限とする条項などが含まれる。20日に下院を通過し、上院では16時間に及ぶ審議の末、22日未明に可決された。これに対して全国100カ所以上で抗議デモが起き、諸外国からも非難の声が相次いだ。

司法の独立が脅かされるとの批判に対し、ドゥダ大統領と右派の政権与党「法と正義(PiS)」は「必要な司法改革を実行するだけだ」と主張している。大統領は法案可決から21日以内に署名または拒否することになっている。

CNN系列局が実施した世論調査では、大統領は拒否権を行使するべきだと答えた人が全体の55%を占めた。

同国ではPiS政権の発足以来、平和的集会の自由や報道の独立性に対する制限も厳しくなっていた。

EUからは、ポーランド政府の投票権などを停止する措置の発動を示唆する声が上がっている。ポーランド元首相のトゥスクEU大統領も先週、同国の民主主義に対する評価がさらに低下するとの懸念を示し、ドゥダ大統領に緊急会談を要請したと述べていた。

最終更新:7/24(月) 12:50 「CNN.co.jp」より
ポーランド政府が最高裁判所を政府の管轄下に置くことを認める法案を議会で通したが、司法の独立が危ぶまれる問題だけに市民からは「権力を強めようとする狙いだ!」「ドゥダ大統領はトルコのエルドアンみたいに強権的になろうとしてる!」と反発が相次ぎ、23日に首都ワルシャワで抗議デモを最高裁及び議事堂前で起こしたようです。

今のポーランドの政権与党・「法と正義」及びアンジェイ・ドゥダ大統領は「必要な司法改革を実行するだけだ」としてるものの、最高裁を政府の下に置くのは司法改革と言うより民主主義を壊しかねない懸念があります。
法と正義が政権の罪についてから、集会の自由や報道の独立性を制限する動きが目立つポーランド、これでは共産党一党独裁の時代に逆戻りしかねないと懸念の声が出てますが、強権的な政治に走れば国際的な評価を落としかねないです。現にEU(ヨーロッパ連合)はそんなポーランドを厳しい目で見てますし、そこまでして権力を強めて何をしたいんでしょうか? ドゥダ大統領は。
司法の独立に関わりかねない事態だけに、ワルシャワ以外でも抗議デモが相次いだが、ポーランド政府は一線を越えたとしか言えませんね。裁判所を自分たちの下に置くのは、社会の腐敗を招きかねないと思う。

日本も権力の暴走に対してはすすんで抗議の意を示さねばいけないが、行動に訴えると言う意識が低いゆえに、こういうニュースを見ると日本も少しは見習ったらどうかと思います。

theme : 妄執政治を斬る。
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード