「ドラえもん」は「有害図書」である(その9)

私は漫画は結構好きなほうだが、主人公がいわゆるダメ人間なものはあまり好きではない。
怠惰で甘えに満ちており、自分で努力して成長すると言う意識がないキャラが主人公の漫画は正直言って子供の人格形成に悪影響を及ぼしかねないのだ。即ちぬるま湯体質と価値観に浸かりきり向上心など磨かれずに怠惰でも許されるなんて考えは大間違いであり自分自身をダメにするだけである。

人間は必ずしも努力して成長する、そして多少の失敗も経験してそれを糧にするはずなのに、そんな人間の常識を否定してるのが「ドラえもん」であることは否めない。
自分で努力もせず、すぐに人に頼って、て言うかドラえもんのひみつ道具に頼ってそれでちょっと自分は出来るんだと思い上がるのび太は楽して夢や目標を叶えると言う甘えの精神の象徴であり、完全なるダメ人間もいいところですし、こんな奴が子供たちのロールモデルになどとんでもない!! 楽して夢や目標を叶える? これはテストでカンニングをしてまでいい点を取ろうとすることであり、スポーツで勝ちたいからと言う理由でドーピングなど不正行為に走るのと同じ理屈で、そこまでして自分は目標を達成したいのかと言いたくなるが、見方によっちゃ周囲から卑怯と言われておかしくない言動だ。
無論それをやったところで見返りは大きいが「こち亀」にも当てはまることで、調子に乗ってやり過ぎたり悪いことをすれば必ず痛い見返りを受けると言う論理と言うか教訓です。

人間の常識を否定し、ダメ人間でもいいなんて甘えの理屈を助長する「ドラえもん」、それ以外にも「ちびまる子ちゃん」「丸出だめ夫」などもあるが、とにかくダメ人間が主人公の漫画は子供に悪影響ではないでしょうか? エロ・暴力・犯罪に当たる表現を問題視するならそれ以上に怠惰で軟弱な表現が多いものを叩くべきだよ。
「ドラえもん」にも当然エロ・暴力・犯罪に当たる表現はあるけども。

私は思うに努力して成長する、多少の失敗も経験してそこから這い上がる、周りの励ましや支えもあれど最終的には自分の力で目標を勝ち取る。そんな主人公の漫画こそ子供にいい漫画だとは思います。努力無くして成長なし!! そういう意識をすすんで持つことこそが立派で正しいことです。
そういう意識を否定してもおかしくない「ドラえもん」は「百害あって一利なし」もいいところ。言うなればダメ人間助長コンテンツだ。こんなものを有難がってはいけない。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード