村上元行革相、安倍総理に「苦言」

内閣改造を前に、身内からかなりの批判意見が出たみたいです。
て言うか、自分の名前が挙がっていないからその僻みで出たと言う見解にも取れます・・・。

引用

自民・村上元行革相が首相の人事批判 「お友達か同じ思想かイエスマン」

 自民党の村上誠一郎元行政改革担当相は16日のフジテレビ系「新報道2001」で、安倍晋三首相の人事について「『お友達』か、同じ思想を持っている人か、イエスマンかの3つのパターンだ」と批判した。8月3日に予定している内閣改造について「違う考え方の人を入れなければ、自民党の政治の幅ができない」と強調した。

 自身が入閣を打診された場合については「自分の受け持ったところに対して、自分の考え方などがある。それを聞いてもらえなければ、なっても意味がない」と述べた。

 鴨下一郎元環境相は同じ番組で、入閣の可能性について「私はあり得ないだろう」と答えた。その上で「ある程度距離がある人たちを入れることは安倍内閣の政策の転換につながる。『安倍さんは変わった』という評価になる」と述べた。

 最終更新:7/17(月) 7:55 「産経新聞」より
「『お友達』か、同じ思想を持っている人か、イエスマンかの3つのパターンだ」とフジテレビの報道番組で、安倍晋三総理の人事についてこう批判した自民党・村上誠一元行革相、来月予定している内閣改造を意識したと言うか、安倍総理の閣僚人事は自分に近い、または意見が合う、ただ迎合する者しか選ばないって言う意見に取れますが、正直的を得てますね。

確かにお友達や自分と同じ考え、自分の意見にただ迎合する者ばかりでは多様性がないし、イエスマンやお友達だけで固めた組織は考えが単純過ぎて視野が狭いと言う見解ですし、組織としていずれボロが出ると言う懸念にも取れます。

「違う考え方の人を入れなければ、自民党の政治の幅ができない」とも批判した村上氏、同じ考えの人間ばかりじゃ集団思考と言うか単純思考もいいところだし、多様性のない集団になるだけですし、裸の王様化が進む一方です。ましてやしがらみだらけの政治になってまともじゃなくなります。
違った考えや価値観、尖った考えや意見を持つ者を入れようとしない、認めない、耳を傾けると言う日本社会のどうしようもない問題点もいいところだが、安倍総理自身がそれに気づいて理解すればいい話なんだけど。

多様な考えや価値観があって当然の現代、自分と同じ考えや価値観しか認めない風潮では単純思考と言うか集団思考を助長するだけでグローバル化もあったもんじゃありません。まして政府がこれだと議会政治が機能不全に陥るだけでしかない。村上氏の内閣改造についてのこの意見は安倍総理に対する「苦言」になればいいけどね。
ただ一方で「自分が内閣に入れないからって僻んでんだろ?」「人の揚げ足取りで自分の存在感を見せて野党と同じだ」って批判を浴びそうだが・・・。

theme : 安倍内閣
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード