本田、新天地は何とメキシコ

イングランドやスペイン、さらにはアメリカや中国が移籍先として挙がっていたものの・・・!?

引用

本田、メキシコ1部パチューカに仰天移籍!開幕戦いきなりデビューも

 急転決着だ!! 日本代表FW本田圭佑(31)=前ACミラン=が14日、メキシコ1部の名門パチューカと入団契約を交わしたことを、写真共有SNS「インスタグラム」の公式アカウント上で公表した。本田は昨季限りでミランを退団し、移籍先の候補にはイングランドやスペインなど欧州クラブのほか、米メジャーリーグサッカー(MLS)など世界中のクラブ名が挙がっていたが、金狼が選んだ新天地はまさかのメキシコだった。

 本田の新天地はメキシコに決まった。14日、インスタグラムの自身の公式アカウントでメキシコ1部の強豪パチューカと契約したと公表。さらには「新しいクラブを決めました」とスペイン語で綴り、マルティネス会長から真新しいユニホームを手渡される場面の動画も投稿した。

 「パチューカとの契約を済ませました。ファンの方々にお会いするのが待ち遠しいです」

 新天地のファンに向けても、さっそくスペイン語でメッセージを発信した。また日本語でも「移籍決定! メキシコ、パチューカ!」と書き添えている。

 さらにクラブの公式ツイッターに向けた動画にも登場し、流ちょうなスペイン語で「Hola!(オラ!=こんにちは)本田です」とあいさつ。「たったいま、パチューカとの契約を終えました。ありがとうございます。みなさんにご挨拶申し上げます。とても満足しています。ありがとうございます」とメッセージを送ると、最後には左手でVサインを決めた。

 本田は昨季限りで4季在籍したミランを退団。その直後から移籍先としてイングランドやスペインなどの欧州クラブの名前が浮上した。今年2月には米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトルと合意寸前に至るなど世界中のクラブが候補に挙がっていた。

 その一方で、本田は6月の日本代表合宿中に「面白くて『行きたい』と思えるクラブが重要。格にはこだわっていない。自分の知らないエリアに行くのが好き。常に未開の地、みたいなところがいい」と発言していた。パチューカは経営学、心理学、栄養学などスポーツ科学を学ぶことができる大学も運営しているだけに、“本田好み”のクラブといっていい。

 すでにミランとの契約が満了しているため、今回の契約では移籍金はゼロ。現時点でパチューカとの契約年数や年俸などは明らかになっていないが、本田の所属事務所は本人が滞在中の米カリフォルニア州で契約を交わしたと説明した。現地時間18日に入団会見が予定されている。

 パチューカは23日(日本時間24日)に前期リーグ開幕戦(対プーマス)に臨む。電撃契約から開幕まで、わずか10日と準備期間は短いが、本田が最速でメキシコデビュー戦のピッチに立っても不思議ではない。

 2017.7.15 05:04 「サンケイスポーツ」より
「たったいま、パチューカとの契約を終えました。ありがとうございます。みなさんにご挨拶申し上げます。とても満足しています。ありがとうございます」とツイッターで移籍を公表した本田圭佑、新天地に選んだのはメキシコ屈指の強豪クラブの一つ・パチューカでした!!

ACミランを退団後どこに行くのか噂が噂を呼び、一度はMLSのシアトル・サウンダーズと合意寸前まで上ったものの頓挫し、まさかメキシコを選ぶと言うのは意外っちゃ意外です。

なぜ本田はパチューカを選んだのか? 理由として先月の日本代表合宿において「自分の知らないエリアに行くのが好き。常に未開の地、みたいなところがいい」とコメントしており、パチューカはそれにマッチしてたからでしょうね。
またパチューカは大学を運営しており、経営学などを学べる施設も充実しているからか、本田にとって今の自分にとってやり甲斐があるクラブが見つかったからでしょう。

移籍金無しでパチューカ入りした本田、いきなりデビューと言う展開になりそうだけど、メキシコ行きは本田自身にとってレベルアップの場となるんでしょうか。またパチューカは今年のクラブワールドカップに北中米カリブ海代表として出場しますから、レアル・マドリーと対戦する機会もあるでしょう。

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード