稀勢の里、また休場

今場所もここまで精彩を欠いた内容ではねェ・・・!?

引用

稀勢の里が休場、親方「相撲取れる状況ではないと」

 大相撲の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が名古屋場所6日目の14日、日本相撲協会に「左足関節靱帯(じんたい)の損傷で約3週間の安静加療を要する」との診断書を提出して休場した。

 稀勢の里の休場は3度目で、2場所連続の途中休場となった。愛知県長久手市内の宿舎で対応した師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は「(本人が)相撲が取れる状況ではないと。昨日も話したが、今日最終的に決めました。簡単な決断でなかったのは確か」と話した。

 稀勢の里は前日5日目の勢戦で小手投げを食らって3敗目を喫した際に、左足首を負傷。左足を引きずりながら歩いていた。長久手市内の病院で診断し、骨に異常はなかったものの、靱帯を傷めていた。田子ノ浦親方は復帰時期について「全治は3週間だが、体重もあるし、相撲を取るのはもう少しかかる。相撲が取れることを1番に考えて、様子を見たい。いろいろ本人も葛藤(かっとう)があったと思うが、思ったような相撲が取れていないし、けがもしましたので…。元気で強い横綱を見られるようにしたい」と話した。

 稀勢の里は3月の春場所で左上腕付近を負傷し、けがが癒えぬまま出場した5月の夏場所は10日目で4敗。11日目から途中休場していた。今場所も、半ば強行出場の形だったが、序盤の5日間で1度も連勝がなく、早くも3敗を喫していた。

 [2017年7月14日10時2分 「nikkansports.com」]より
先日5日目に勢と対戦し、小手投げを喰らって敗れると言うあっさり負けを喫した横綱・稀勢の里、その際左足首を痛め、支度部屋に戻る途中で左足を引きずる仕草を見せたことで「こりゃまたケガか・・・」と思いましたが、案の定左足関節靭帯損傷で休場するみたいです・・・。

ここまで5日目を終えて既に3敗を喫するなど、いいところがない稀勢の里、やはりケガが完治していない状態で相撲を取っていることが本調子でないところを露呈してるけど、だったら今場所は最初っから休場すべきだったとは思うね。先場所無理に出場してダメだったのに、先場所の教訓を活かしてないです。
いくら横綱の責任だからって、無理して出て惨めな取組をしてはファンをガッカリさせるだけでしかありません。

左上腕付近が完治していない状態で今度は左足関節の靭帯を損傷しては元も子もない。
2場所連続で休場、早くも進退が問われる事態を招きそうです、大丈夫か、稀勢の里・・・。

ここで来たらば、来場所は全休して治療に専念した方がいいと思います。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード