糸原大当たりデー

巨人に本拠地で3タテされる悪夢を阻止したのは・・・!?

引用

聖地沸騰G撃!阪神・糸原、千金1号&万金初劇打でドタバタ虎救った

(セ・リーグ、阪神7x-6巨人、13回戦、巨人7勝6敗、9日、甲子園)神様、仏様、糸原様ァ~!! 阪神は九回二死一、二塁からドラフト5位・糸原健斗内野手(24)=JX-ENEOS=が二塁打を放ち、今季4度目のサヨナラ勝ちを飾った。九回に追いつかれ、負ければ宿敵巨人に同一カード3連敗という危機…。ルーキーがプロ初4安打、プロ初本塁打、プロ初サヨナラ打という離れ業で救った!!

 越えろ、越えろッ、越えろォ~!! ナインとファンの思いを乗せた白球が中堅・立岡の頭上をわずかに越えて、芝生に弾んだ。地鳴りのような甲子園の大歓声。糸原が決めた! プロ初のサヨナラ打。チームの連敗を止める大仕事だ。

 「やりました!! 絶対、決めてやるという気持ちで打席に入りました。抜けてくれと思いながら走っていました」

 ドリスが3点リードを追いつかれた直後の九回だ。宿敵Gに同一カード3連敗の危機。しかも1ゲーム差の3位DeNAがデーゲームで勝利していた。漂う暗雲…。すべてを吹き飛ばした。二死から中谷が左前打を放ち、荒木が四球を選ぶと打席へ。カウント1-1から、マシソンの148キロを一閃した。

 ベンチに戻ると、金本監督に熱く抱きしめられた。指揮官も「もう糸原デーですね! ホントに良くやってくれました」と大興奮。まさに、糸原のための試合だった。

 二回、四回と二塁打。そして五回だ。明大の後輩、高山の適時打で勝ち越し、なお二死二塁。山口俊の143キロをとらえた打球は右翼席へ一直線。プロ179打席目でうれしい初本塁打だ。

「きょうはいい形で打てていたので、思い切りいきました。追加点が欲しい場面だったので、結果的にホームランになってよかったです」

 2試合ぶりのスタメン。試合前まで12打席無安打と苦しんでいた。「最近打てていなかったんで…」。それでも金本監督が「普段からよく練習する。その成果」と話すように必死にバットを振り続け、結果を出した。サヨナラ打、本塁打に加え、4安打もプロ初だ。

 ドラフトで指名された時から「チャンスは大好き」と豪語していた通り、打率・230以上に勝負強さが光る1年目。1メートル75と決してパワーヒッターではないが、開星高時代には“本塁打伝説”がある。2年秋の中国大会。1回戦で右越え2ランを打つと、準々決勝で左翼へ2発。関西高との決勝では初球先頭打者アーチ。怒とうの4ホーマーで中国大会を制し、選抜出場を決めた。

 秘める破壊力はスラッガー並み。さらに当時のチームメートいわく「おとなしく見えるけど、ムードメーカー。打つと盛り上がるし、リーダータイプ」。新人としてまだ控えめ!? だが、この日はまさに、虎のムードを一変させた。

 「甲子園で打てたのが最高でした。相手も巨人だったので絶対やってやるという気持ちでした」と糸原。昨年の高山に続く球団新人のサヨナラ打だが、巨人戦では2001年の赤星憲広以来、16年ぶり。虎党の心もくすぐるG倒への思い-。24歳のルーキーの躍動が、虎の再進撃、そして首位広島との8・5差を詰める原動力となる。

 2017.7.10 05:05 「サンケイスポーツ」より
巨人に2連敗とモヤモヤが増えがちな雰囲気にある阪神、そのモヤモヤを吹き飛ばしたのは糸原健斗のバットでした!!

糸原自身もここまで不振でしたが、その不振を一気に吹き飛ばす内容となった先日、第1、2打席でツーベースを放ち、続く第3打席目は2アウト2塁と追加点のチャンスで巨人先発・山口俊のストレートをガツン! と捕えてライトスタンドへと放り込むプロ入り初ホームラン!! やっと出たと言いますか、大山悠輔に続いてルーキー初ホームランは劇的なところで出たようです!!

第4打席は凡退、9回表にラファエル・ドリスがまさかの乱調で同点に追いつかれると言う最悪の展開となり、その裏の攻撃も巨人・マシソンの前にあっさり2アウトとなりますが・・・!?

中谷将大がヒットで出塁すると、続く途中出場の荒木郁也が四球を選んで1、2塁とサヨナラのチャンスで再び出番が回った糸原、カウント1ー1の場面でマシソンのストレートをジャストミート! 打球はセンターに飛んでセンターの頭上を越えてサヨナラヒット! プロ初ホームランに続き今度はサヨナラヒット! 神ってると呼んでおかしくない活躍を見せてくれました!!

「甲子園で打てたのが最高でした。相手も巨人だったので絶対やってやるという気持ちでした」とサヨナラヒットの感想をこう述べた糸原、二転三転した試合にケリをつけた一打は日々の努力の賜物と言っていいでしょう!!

糸原の活躍もそうだが、ただこの試合では先発・岩貞祐太が援護点をもらったのにすぐ失点、岡﨑太一がバント失敗、福留孝介がまさかの凡走塁と拙攻も目立っただけに、課題も残った感がします。ルーキーがここまで活躍した一方でチーム全体でミスが目立つようでは安心して見てられないです!! もう少し危機感を持って試合に挑んでほしいものだ!!

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード