パレスチナ紛争の場を世界遺産にする?

ユネスコパレスチナ問題をややこしくしかねないことをやらかしちゃった感がします。

引用

紛争の聖地、世界遺産に=イスラエルは反発―ユネスコ

【クラクフ(ポーランド)、エルサレム時事】ポーランドのクラクフで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は7日、イスラエルが占領するヨルダン川西岸パレスチナ自治区の都市ヘブロンの旧市街を世界遺産に登録した。
 
 ヘブロンはユダヤ、キリスト、イスラムの3宗教の聖地とされる。国民の大多数がユダヤ教徒であるイスラエルは、ユネスコがヘブロンをイスラム教徒の多いパレスチナの聖地として認定したと受け止め、反発を強めている。

 ユネスコは決定に際し、ヘブロンではユダヤ人入植者らとパレスチナ人の衝突が繰り返されてきたことを踏まえ、旧市街が「危機に直面している」と保護の必要性を訴えた。これに対し、イスラエルのネタニヤフ首相は「非現実的な決定だ。遺跡は危機に陥っていないし、われわれは宗教の自由を守り続ける」と反論した。

 また、国連への拠出金をさらに100万ドル(約1億1400万円)減らし、ヘブロンや近郊でのユダヤ教遺跡のための博物館建設費用などに充てる考えを表明した。

 一方、パレスチナ自治政府は「パレスチナ外交闘争の成功だ」と歓迎。パレスチナ解放機構(PLO)幹部のハナン・アシュラウィ氏も「イスラエルの占領政策がパレスチナの遺産を脅かしていることに国際社会が気付いた」と評価した。

 最終更新:7/8(土) 8:05 「時事ドットコム」より
ユネスコがイスラエルが現在占領しているヨルダン川西岸のパレスチナ自治区にあるヘブロンの旧市街を世界遺産に登録したって言うけど、エルサレムと同じくユダヤ・キリスト・イスラムの聖地とされているヘブロン、今回の決定にイスラエルは「ユネスコはパレスチナの肩を持った!」と怒り心頭だが、パレスチナにすれば「イスラエルによる横暴を国際社会がやっと理解してくれている証拠だ」と言っており、これがパレスチナ問題に悪影響を与えそうな懸念が出そうです・・・。

長年のパレスチナ紛争により危機的な状況に陥ったヘブロン旧市街、ユネスコにすれば3つの宗教の聖地がこれだけ危機的にある以上我々で何とかしなければいけないと思って登録したかもしれないけど、逆にイスラエルを怒らせかねないし、またイスラエルを支援するアメリカをも怒らせかねないです。
国連への拠出金を減らしてヘブロン及びその近郊でユダヤ教遺跡の為の博物館建設費用に充てると対抗措置を辞さないイスラエル、だったら日本もそれを見習うべきではあるが・・・。

ユネスコは正直パレスチナ問題に首を突っ込んで余計なお節介をやらかしたとしか言えないが、どっちみちイスラエルが現在パレスチナで行っている占領政策がいかに横暴だと言うのを発信することになりそうです。だったら特アの傲慢な被害者ビジネスがいかにみっともないかもセットで発信してほしいけど。
ヘブロンの旧市街よりもベナンにある「還らずの門」を登録したほうがいいんじゃねェかとも思います。世界遺産の暫定リストの登録こそされてもホントに登録されてないのはおかしいと思うが・・・。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード