分からん! ベネズエラで大統領支持派が国会に殴り込み

秩序も何もあったもんじゃないです。今の政権がおかしくしたと言えばそれまでかも知れないけど。

引用

大統領派群衆が国会乱入=議員ら12人負傷―ベネズエラ

【サンパウロ時事】政情不安の続くベネズエラの首都カラカスで5日、反マドゥロ大統領派が多数を占める国会の議事堂に親大統領派の群衆がなだれ込み、議員5人、職員7人が負傷した。
 
 この日は独立記念日で、国会では記念式典が行われていた。エルアイサミ副大統領に従って敷地内に入った群衆が反野党スローガンを叫び、暴徒化。議事堂に乱入し、議員らに殴る蹴るの暴行を加えた。議員らは6時間にわたり軟禁状態となった。

 ゲバラ国会副議長は、40人が議場に侵入したとした上で「これが今のベネズエラ。犯罪者たちが国会を襲撃し、軍も愚挙に加担した」と非難した。

 最終更新:7/6(木) 8:32 「時事ドットコム」より
インフレに物不足と言う経済及び生活危機に陥り、政治は独裁的でまともに機能していない最悪の状態にあるベネズエラ、現在ニコラス・マドゥロ大統領に対する不信感もあり国会では野党が多数を占めてますが、何とその国会にマドゥロ大統領を支持する群衆が乱入し、野党議員を襲撃した上に軟禁状態にもすると言うイランのアメリカ大使館占拠事件を彷彿させる傍若無人な事件が起こったようです。

いくらマドゥロ大統領を支持してるからって、ここまでやるかと言いたくなるレベルだが、今のベネズエラ国会が野党が多数を占めていることに不満を持って起こしたとしか思えないけど、マドゥロ大統領以外認めないと言う単純思考もいいところだし、今自分たちが置かれている現状を見てないとしか言えないです。
今ベネズエラは経済的にも国民生活においても相当深刻なのに、その不満が間違った方向に向けられたとしか言えないけど、マドゥロ大統領を批判しないのは明らかにおかしい。野党のせいにして鬱憤を晴らそうとするのはおかしい。

「これが今のベネズエラ。犯罪者たちが国会を襲撃し、軍も愚挙に加担した」と国会副議長はこの襲撃事件を非難したが、今のベネズエラはまともな社会ではないと言う訴えに取れます。
「民主主義を根底から否定する愚行だ」ってアメリカは非難しそうだけど。

「マドゥロを批判する奴は売国奴」と言わんばかりに起こした今回の襲撃事件、ベネズエラは内外にえらい恥を晒したとしか言い様がないです。
石油でしか儲けれない国ってこう言うリスクも「つきもの」なんでしょうが。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → ベネズエラで「大統領は辞めろ!」コール

theme : 憂国
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード