チーズを巡る駆け引き

EU(ヨーロッパ連合)とのEPA(経済連携協定)交渉に臨んでいる日本、焦点となるのは・・・?

引用

EU側に期限区切り譲歩迫る思惑 外相訪欧、詰めの協議

 ■懸案のチーズは他品目とパッケージ?

 EUが、6日の定期首脳協議を前に日本とのEPA交渉が大枠合意に達するとの見通しを示したのは、期限を区切って日本に譲歩を迫る思惑がありそうだ。欧州産チーズの関税では、全品目の撤廃を求めるEUと一部品目にとどめたい日本との対立が続く。日本は他の農産物の譲歩案も組み合わせて理解を得たい考えだが、妥協点を見いだせるかは予断を許さない。

 安倍晋三首相は4日の日欧EPAに関する主要閣僚会議で、「国益にとってベストの結果となるよう、最後まで全力で交渉に当たってほしい」と指示した。

 政府はモッツァレラなどのソフトチーズを成長産業に育てようと、補助金や技術指導で支援してきた。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では関税を現状維持し、一部の参加国にはプロセスチーズの低関税輸入枠を設けて合意した。

 日欧EPAでもソフトチーズの関税撤廃は可能な限り避けたい考え。これまでの交渉では、同様の低関税枠を含むいくつかの選択肢をEU側に提示してきた。

 一方、世界のチーズ生産の約半分を占める最大の産地であるEUは、ウクライナ問題でロシアが欧州産チーズに禁輸措置を取ったことで在庫があまり気味になり、日本への輸出が拡大することに対する期待は大きい。世界的にブランド力が強いソフトチーズを中心に全品目の関税撤廃は交渉の重要課題で、市場開放を一部品目にとどめる日本の妥協案には耳を傾けない構えをみせる。

 EUはチーズなど農産物の市場開放に応じれば、日本が求める日本車の輸入関税の早期撤廃を受け入れる姿勢だ。交渉では、大枠合意後に協議を先送りする企業と進出先国との紛争処理手続きなどを除き、残る項目ではほぼ決着がついたもようだ。

 政府は懸案のチーズを単独ではなく、他の品目との「パッケージ」(山本有二農林水産相)で決着させたい考え。ただ、EUが完全撤廃を譲らない場合、国内生産者を切り捨てた決着か、大枠合意見送りかで厳しい選択を迫られる。

 最終更新:7/5(水) 7:55 「産経新聞」より
EUとの首脳会談を前に行っているEPA交渉、EUは日本に対してチーズやワインの関税を撤廃するよう要求してますが、日本は全品目の撤廃を要求するEUの主張に対し、国内の生産者に与える影響を考えて一部品目だけにして欲しい上に、他の農産物の譲歩案と重ねて理解を得たいと訴えており、一筋縄ではいかないみたいです。

日本政府はモッツァレラチーズなどナチュラルチーズを成長産業にしたいと補助金や技術指導で臨み、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)においては関税を現状維持してプロセスチーズの低関税輸入枠を設けて合意したが、この時は相手がニュージーランドだからかも知れないが、EUはニュージーランドとは異なります。

EUもEUでなぜ日本に自国チーズを売りつけたいのか? ウクライナ問題でロシアに対してチーズを禁輸したことで過剰に余り、それを少しでも消化したいからか日本に売りつければいいと思ったんでしょう。
EU圏のナチュラルチーズは世界的にブランド力があり、全品関税撤廃しろと日本に要求してますが、これは日本に対して牛肉を売りつけるアメリカやオーストラリアと変わらないような・・・?
「コメや牛肉と違ってチーズならあっさり受け入れるだろう」って思ってるんじゃ・・・!?

日本は当然国内の生産者に与える影響を考え、全品関税を撤廃すればEU産のチーズがどっと入ってきて国産チーズが売れなくなり、生産者に相当な損害を与えかねない懸念もあり、何とか一部に留めてほしいと主張してますが、双方の利益になるような回答が出てくるのだろうか・・・?
チーズもどちらかと言えば輸入に頼っている面があり、関税を全品撤廃すれば輸入依存が強まるだけでしかないです。

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード