動機は「俺はトランプと共和党が大嫌いだ!!」

ドナルド・トランプ大統領に対する恨みつらみがこう言う形で出ちゃうのって、やっぱりアメリカっておかしい社会です。

引用

米バージニア州の銃乱射容疑者、トランプ氏と共和党に激しい憎悪

【ワシントン=黒瀬悦成】南部バージニア州アレクサンドリアで14日早朝、男が銃を乱射し、スティーブ・スカリス下院議員(51)らが負傷した事件で、警察当局は同日、銃撃犯が西部イリノイ州の元不動産鑑定士、ジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)だと正式に発表した。容疑者は駆けつけた警官との銃撃戦の末、制圧され、死亡が確認された。

 スカリス氏は腰の部分を撃たれ、病院で手術を受けたが、病院は「容体が悪化している」と発表した。事件では他に議会スタッフ1人、ロビイスト1人、議会警察の警官1人の計3人が撃たれて負傷した。

 昨年の大統領選で民主党の候補指名を争った左派系のバーニー・サンダース上院議員(無所属)は14日、ホジキンソン容疑者が選挙ボランティアをしていたことを明らかにした上で「暴力は決して容認できない」と犯行を非難した。

 ホジキンソン容疑者のフェイスブックのページには、「トランプ大統領を破滅させろ」などと激しく非難する多数の書き込みが確認された。3月からアレクサンドリアに移って車の中で寝起きし、現場周辺にも出没していたという。

 また、現場の運動場では、共和党の議員らでつくる野球チームが15日の民主党チームとの慈善対抗試合に向けて早朝練習を行っていたが、同容疑者は参加者の議員の一人に近づいて「民主党か共和党か」と聞き、共和党チームの練習であることを確認してから銃撃を始めたという。

 共和党議員団によると、15日にワシントン市内のナショナルズ球場で予定されていた慈善試合は決行される。

 最終更新:6/15(木) 9:27 「産経新聞」より
南部バージニア州・アレクサンドリアと言う町で14日朝、突然何者かが銃を乱射してこの町にたまたま野球の慈善対抗試合に来ていた共和党のスティーブ・スカリス下院議員ら数名が負傷、スカリス議員は腰を銃撃されすぐさま病院で緊急手術を受けると言う顛末となったけど、政治家を銃撃するなんて狂気の沙汰もいいところと言うか、銃を用いること自体いかにもアメリカって感じです。

スカリス議員らを銃撃したのはイリノイ州在住の元不動産鑑定士の男で、駆けつけた警官隊と銃撃したあと射殺されたが、この男が犯行に至った動機は信じられないものでした。
「トランプ大統領を破滅させろ」と自身のフェイスブックにトランプ大統領を非難する書き込みがあっただけでなく、犯行直前にこの慈善試合に参加していた議員の一人に接近し「お前は民主党か共和党か」と聞いて、共和党だと回答した途端突然銃撃に至ったって言うから、共和党そのものに対する恨みと怒りをこのような過激な手段でぶつけたとしか言い様がないです。まるでイスラム教徒でないと答えた途端暴力に訴えるイスラム過激派と同じで、日本人と見るやすぐに悪質な嫌がらせに及ぶ韓国人と同レベルだよ。

またこの男は、去年の大統領選挙で民主党候補指名を争ったバーニー・サンダース氏の選挙ボランティアだったって言うから、サンダース氏にとってえらい迷惑です。
「暴力は決して容認できない」とサンダース氏は今回の事件を非難したけど、まさか自分の支持者がこのような過激な事件を起こすなんて気が気じゃないでしょう。ただこの男はサンダース氏の選挙ボランティアではあったものの元々共和党員だったことで、それもまた信じられないですし、支持していた政党の人間を襲撃するなんて狂ってます。なぜ彼はそこまで共和党に恨みを持つようになったのか、真相は不明です。

いくらその政党及び政治家に批判的だからって暴力に訴えるのは明らかにテロであり、銃社会はこのような危険もはらんでいるってことです。
もし日本で銃所持が認められてたらゾッとするね・・・。

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード