甲子園「初」ホームランで勝利を呼んだ!!

糸井嘉男がケガで離脱する中、それを埋めそうな活躍をしてくれました!!
今の阪神を象徴するワンシーンでした。

引用

俊介 打点挙げれば20連勝!人生初甲子園弾「一番はビックリした」

「伏兵」とは言わせない。阪神・俊介外野手(29)が13日の西武戦で3年ぶり通算4本目の本塁打を左中間へ打ち込んだ。本拠地の甲子園球場ではプロ8年目、通算430打席目での初アーチだ。プロ初の決勝弾と先制二塁打で計3打点。左太腿裏故障を抱える糸井嘉男外野手(35)の代役として殊勲の活躍だった。

 風ではない。必死でバットを振り続けてきた成果が俊介の打球に最後の一押しを加えた。追いつかれた直後の4回2死。野上の4球目のスライダーを振り抜いた一撃は左中間最深部へと伸び、最後はジャンプした中堅・秋山のグラブをかすめるようにスタンドに飛び込んだ。

 「打った瞬間はどうかと思ったけど、風もあったんで助けてくれたと思います。一番はビックリしたという気持ちですけど、打てて良かったです」

 謙遜しても浜風は微風。1球に集中し、完璧に捉えたことが最高の結果につながった。14年8月12日の巨人戦以来3年ぶりの通算4号弾は、8年目で待望の甲子園初アーチになった。アマ時代の広陵、近大でも経験がなく聖地では人生初本塁打。「まだ実感はありません。正直、ホームラン打者じゃないので、結果的にこうなっただけ。ホームランよりヒットが打ちたい」とはにかんだ。

 2回1死一、二塁でも左中間を深々と破る先制の2点二塁打。オフからの筋力トレーニングと増量の効果を見せた。左太腿裏痛で代打待機の続く糸井の代役右翼に抜てきした金本監督は高校の後輩でもある苦労人の活躍を笑って喜んだ。

 「なかなかチャンスも少なく、それがつかめないまま何年か過ごして来て。今年から体も大きくなったしね。トレーニングの成果か知らないけど。2軍のスタッフに聞いても俊介だけは2軍でも気を緩めずちゃんとやっていたということだった。それもあって(1軍に)上げ直した。入るとは思わなかった。いい打ち方をしていたんだろうね。もう、どうせ打てないな…と思って見ていたから」

 限られた出番の中で今季7打点。俊介が打点を挙げれば、12年8月23日の中日戦以来20連勝中という「神話」がある。陽気な性格の努力家だけに打てばチームは一気に盛り上がる。西武、楽天のパ・リーグ上位を迎え撃つ交流戦最後の6連戦。最初のヒーローは、ひたむきに努力してきた生え抜きの29歳だった。

 [ 2017年6月14日 05:55「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
交流戦からスタメン起用が多くなっている8年目の俊介、その俊介が13日の西武戦で4打数2安打3打点とこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに相応しい活躍でしたが、中でも2打席目のレフトスタンドに放り込むホームランは自身3年ぶり及び甲子園で初となるホームランと言いますから、久々かつ本拠地初となる一発が勝負を左右する一打って俊介本人がビックリでしょう。

2回裏に1アウト1、2塁の場面で左中間を深々と破る先制2点タイムリーを放ち、同点に追いつかれた4回裏には西武先発・野上亮磨のスライダーをジャストミートし、左中間スタンドに風に乗って飛び込んだ。元々ホームランバッターではないだけに、意外と言っちゃ意外な一発でしたね。
「まだ実感はありません。正直、ホームラン打者じゃないので、結果的にこうなっただけ」と謙遜したけど、初めて本拠地・甲子園で放ったホームランでも喜びより驚きのほうが強かったってことか。

オフにウェートトレーニングを重ねてパワーアップした結果が見事に出てるってことだが、糸井がケガでその穴を埋めるのに相応しい者がいないか金本知憲監督が模索する中で起用しただけに、その期待に応え続けてます。

8年目でそろそろ結果がほしい状況だけに、危機感を持って臨んでいるけど、得たチャンスをモノにしてチームに貢献してほしいところです。これが他の選手にも刺激材料になって競争意識が高まってチームにとってプラスの結果をもたらすことになるのは間違いないです。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード