歴代3社長は無罪!? 福知山線脱線事故裁判

あれだけの事故を起こしておいてその責任に問われないって、遺族や世論にすれば「ふざけるな!!」って怒り心頭でしょう。

引用

JR西の歴代3社長、無罪確定へ…福知山線脱線

 乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴され、1、2審で無罪とされたJR西日本の歴代社長3人について、最高裁第2小法廷は12日付の決定で、検察官役の指定弁護士の上告を棄却した。

 山本庸幸裁判長は「社長らが、現場カーブの危険性が特に高いと認識できたとは認められない」と判断した。3人の無罪が確定する。

 4人の裁判官全員一致の意見。これまでに強制起訴された9件のうち、無罪が確定するのは4件目となる。

 強制起訴されたのは、井手正敬(82)、南谷昌二郎(75)、垣内剛(73)の元社長。3人は1992~2006年に社長を務め、現場カーブを急角度にする工事が完成した1996年から2005年4月の事故まで経営幹部だった。神戸地検は3人を2度不起訴(嫌疑不十分)としたが、検察審査会の起訴議決に基づき、指定弁護士が10年4月に強制起訴した。

 2017年06月13日 13時37分 読売新聞
12年前のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷で強制起訴されたJR西日本の歴代社長3人の裁判が12日にあったけど、裁判長は「社長らが、現場カーブの危険性が特に高いと認識できたとは認められない」として3社長に無罪を言い渡したようです。

正直言ってこれは疑問と言うより憤りのほうが強いです!!
事故当時幹部だった3社長、自動列車停止装置を付けなかったことがあの悲惨な事故につながったことを全く重く見ていないとしか言い様がないし、それに対する注意義務がなかったって裁判所の結論、被害者及び遺族の権利を蔑ろにするものではないでしょうか。人の命と安全を預かる立場であるべき組織がこんなことではガバナンスを問いたくもなります。
自動列車停止装置を付けなかったことも問題だが、運転士に無理強いまでさせるような職場環境にも問題がある。警察はなぜJR西日本に対してガサ入れをしなかったのか、そこも疑問です。

歴代社長に罪はないって言うが、組織の責任者である以上それ相応の処罰は受けるべきなんじゃないでしょうか!?

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード