「サムの息子」

去年のこの日はアメリカ・フロリダ州で銃乱射事件が発生し、50人が死亡すると言う全米史上最悪の規模でしたが、むざむざと銃犯罪の恐ろしさを見せつけるものだったけど、この日はまたかつてアメリカ中を震撼させたある連続殺人事件を起こした容疑者に対する判決が下った日でもあったのです。
その事件は、ニューヨークばかりで無差別連続殺人を起こし「サムの息子」と名乗って警察やマスコミ関係を挑発する手紙まで送りつけると言う狡猾かつ市民を恐怖に陥れた事件としてつとに有名です。
そんなわけで今から39年前の今日1978年6月12日は「サムの息子」ことデビッド・バーコウィッツ容疑者に懲役365年の判決が下った日です。

1976年から2年間、ニューヨークで若い女性やカップルばかりを狙った無差別殺人事件、6人が死亡し8人が重軽傷を負い、市民を震え上がらせた「サムの息子」ことデビッド・バーコウィッツ容疑者、なぜ彼はこれほどまでに無差別殺人を起こす凶悪犯罪者となったのか。
子供の頃から非行に走り窃盗や放火を繰り返して、犯罪を起こすことを躊躇しない人物となったのだが、これが後に無差別殺人へと駆り立てることになったのではないかと思う。

その犯行も単純と言うか残虐で、いきなり44口径のハンドガンやショットガンを女性やカップル目がけて発砲すると言うものだが、殺害または重傷を負わせてそのまま去って行くと言う殺し屋さながらの手口で、ただ殺害すると言うのも怖い。一方で金品などを奪わなかった。金品を奪えば強盗殺人になるからか。
突然現れて発砲する、通り魔的な犯行にも見えるし、無差別銃撃とも取れる。
無差別かつ残虐な犯行だけに、当然地元はいつ巻き込まれるか不安にさいなまれるようになったが、その不安をよそに容疑者は「サムの息子」と名乗って警察やマスコミに手紙を送りつけると言う宮崎勤や酒鬼薔薇聖斗を髣髴とさせる言動までする始末、凶悪事件を起こして警察やマスコミ各社に挑発の手紙を送りつけるのって、異常を通り越している。

1977年8月10日、ニューヨークに隣接する都市で逮捕され、殺人や放火などの罪で起訴されて、1978年6月12日に陪審で有罪が評決され、懲役365年の実刑判決を受けたのだった。市民を恐怖に陥れた無差別凶悪犯罪を起こした容疑者になぜ死刑じゃないかって? ニューヨーク州では死刑制度がないからである。死刑を容認している州であれば間違いなく死刑となっている。中国であれば死刑判決、すぐさま執行されてるだろう。

現在バーコウィッツはニューヨーク州の刑務所で服役中だが、その後犯罪加害者が自らの犯罪などを綴った本を出版・販売して利益を得ることを禁止する法律「サムの息子法」がニューヨーク州で制定されたけど(後に他の州でも制定された)、それは服役中だったバーコウィッツにある出版者が手記のオファーを出したところ世論の反発を受けたからである。日本でも一昨年「絶歌」と言う本が問題視されたが、その法の是非を問うものとなったことは承知の事実。確かに犯罪加害者が自らの犯罪歴を本にするのは遺族や世論にしてみれば「ふざけるな!!」「それで金儲けする気だろ!! 世間をバカにしている!!」って反発が起こるのは当然だが、それを犯罪被害者の補償に充てるのであればいいと言う目的であれば許されるのって、賛否ありそうです。
「出版の自由」「金儲けをする自由」も行き過ぎてはこう言うことになるってこと。

theme : 殺人事件
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード